• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

延岡学園・三浦監督に聞く “元プロ”の指導と契約&ノルマ

 27日に登場する延岡学園(宮崎)を率いる三浦正行監督(66)は秋田市出身。秋田市立高(現・秋田中央高)から電電北海道を経て75年に大洋(現・DeNA)に入団。捕手としてプレーした6年を含め、コーチ(バッテリー、トレーニング)、スコアラー、球団職員として約35年間、プロ野球の世界に身を置いた。昨年9月から指揮を執る三浦監督に就任の経緯、契約内容、「元プロ」としての指導などを聞いた。

 ――昨年9月に就任してすぐに、甲子園出場を決めた。

「就任する前に何試合か見たら、実力のある子が多いのに、自分たちの力を出し切れていなかった。オドオドしてやっているような感じがしたので、思い切ってノビノビやらせようと思ったんです。上から押さえつけてやらせるのは好きじゃない。選手の自主性に任せようと。私の感覚として、そこそこやれるんじゃないかという選手が何人かいましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事