5年前は廃部危機 富島を甲子園に導いた浜田監督の試行錯誤

公開日: 更新日:

 29日に登場する富島(宮崎)は昨秋の九州大会で準優勝、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。宮崎商を甲子園に導いた浜田登監督(50=商業科教諭)が就任した2013年4月1日、部員はわずか5人しかいなかった。廃部の危機の中、「3年で九州大会、4年で甲子園出場」と宣言。周囲の失笑を買ったものの、15年秋を皮切りに九州大会に3度出場。万年1回戦負けだった弱小校を5年で甲子園に導いた。

「赴任した当時、部員は3年生ゼロ、2年生5人。新1年生が入学する前でしたが、前の顧問から経験者が8人いると聞いていて、そのうち6人が入ってくれた。それでなんとか11人になってスタートしました」

 とはいえ、やっと野球ができる人数がそろったというだけ。当初は環境も整っていなかった。

「バックネットを作って、グラウンドの土も入れ替えました。ボール、バットなど道具をそろえるところから始めて、最初はお金も立て替えました。でも、基本は手作り。ネットは古い物を引っ張り出してきて、校内にあった支柱を移し替えて、そこに張りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る