5年前は廃部危機 富島を甲子園に導いた浜田監督の試行錯誤

公開日: 更新日:

 29日に登場する富島(宮崎)は昨秋の九州大会で準優勝、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。宮崎商を甲子園に導いた浜田登監督(50=商業科教諭)が就任した2013年4月1日、部員はわずか5人しかいなかった。廃部の危機の中、「3年で九州大会、4年で甲子園出場」と宣言。周囲の失笑を買ったものの、15年秋を皮切りに九州大会に3度出場。万年1回戦負けだった弱小校を5年で甲子園に導いた。

「赴任した当時、部員は3年生ゼロ、2年生5人。新1年生が入学する前でしたが、前の顧問から経験者が8人いると聞いていて、そのうち6人が入ってくれた。それでなんとか11人になってスタートしました」

 とはいえ、やっと野球ができる人数がそろったというだけ。当初は環境も整っていなかった。

「バックネットを作って、グラウンドの土も入れ替えました。ボール、バットなど道具をそろえるところから始めて、最初はお金も立て替えました。でも、基本は手作り。ネットは古い物を引っ張り出してきて、校内にあった支柱を移し替えて、そこに張りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る