“県外部隊”で2勝 明秀学園日立の監督は「革命」を強調

公開日: 更新日:

 春夏通じて初出場で2勝を挙げた明秀学園日立(茨城)は、31日8強をかけて大阪桐蔭(大阪)と激突する。2012年秋に同校監督に就任した金沢成奉監督(51=地歴公民科非常勤講師)は、かつて光星学院(現・八戸学院光星=青森)を率いて甲子園に8度出場。巨人の坂本勇らを育てた。ベンチ入り18人中、茨城県出身の選手は2人だけ。批判も多いが、金沢監督にはある「構想」があった。ここまでの苦労を聞いた。

――就任5年で甲子園。

「3年以内にという目標がありました。5年もかかってしまった。長かったですね。一生出られないのかなと思ったこともありました」

――なぜ茨城へ?

「前の川和監督が東北福祉大の1歳下だった。光星学院の最後の方は総監督だったので時間があって、月に1回でもいいから明秀日立で打撃を教えてくれないか、となった。すると、川和に監督を頼まれ、理事長が快諾してくれた。川和は今でも学校でGMのような形でサポートしてくれています。陰の立役者です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る