“県外部隊”で2勝 明秀学園日立の監督は「革命」を強調

公開日: 更新日:

 春夏通じて初出場で2勝を挙げた明秀学園日立(茨城)は、31日8強をかけて大阪桐蔭(大阪)と激突する。2012年秋に同校監督に就任した金沢成奉監督(51=地歴公民科非常勤講師)は、かつて光星学院(現・八戸学院光星=青森)を率いて甲子園に8度出場。巨人の坂本勇らを育てた。ベンチ入り18人中、茨城県出身の選手は2人だけ。批判も多いが、金沢監督にはある「構想」があった。ここまでの苦労を聞いた。

――就任5年で甲子園。

「3年以内にという目標がありました。5年もかかってしまった。長かったですね。一生出られないのかなと思ったこともありました」

――なぜ茨城へ?

「前の川和監督が東北福祉大の1歳下だった。光星学院の最後の方は総監督だったので時間があって、月に1回でもいいから明秀日立で打撃を教えてくれないか、となった。すると、川和に監督を頼まれ、理事長が快諾してくれた。川和は今でも学校でGMのような形でサポートしてくれています。陰の立役者です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る