• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“県外部隊”で2勝 明秀学園日立の監督は「革命」を強調

 春夏通じて初出場で2勝を挙げた明秀学園日立(茨城)は、31日8強をかけて大阪桐蔭(大阪)と激突する。2012年秋に同校監督に就任した金沢成奉監督(51=地歴公民科非常勤講師)は、かつて光星学院(現・八戸学院光星=青森)を率いて甲子園に8度出場。巨人の坂本勇らを育てた。ベンチ入り18人中、茨城県出身の選手は2人だけ。批判も多いが、金沢監督にはある「構想」があった。ここまでの苦労を聞いた。

――就任5年で甲子園。

「3年以内にという目標がありました。5年もかかってしまった。長かったですね。一生出られないのかなと思ったこともありました」

――なぜ茨城へ?

「前の川和監督が東北福祉大の1歳下だった。光星学院の最後の方は総監督だったので時間があって、月に1回でもいいから明秀日立で打撃を教えてくれないか、となった。すると、川和に監督を頼まれ、理事長が快諾してくれた。川和は今でも学校でGMのような形でサポートしてくれています。陰の立役者です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る