“県外部隊”で2勝 明秀学園日立の監督は「革命」を強調

公開日:

 春夏通じて初出場で2勝を挙げた明秀学園日立(茨城)は、31日8強をかけて大阪桐蔭(大阪)と激突する。2012年秋に同校監督に就任した金沢成奉監督(51=地歴公民科非常勤講師)は、かつて光星学院(現・八戸学院光星=青森)を率いて甲子園に8度出場。巨人の坂本勇らを育てた。ベンチ入り18人中、茨城県出身の選手は2人だけ。批判も多いが、金沢監督にはある「構想」があった。ここまでの苦労を聞いた。

――就任5年で甲子園。

「3年以内にという目標がありました。5年もかかってしまった。長かったですね。一生出られないのかなと思ったこともありました」

――なぜ茨城へ?

「前の川和監督が東北福祉大の1歳下だった。光星学院の最後の方は総監督だったので時間があって、月に1回でもいいから明秀日立で打撃を教えてくれないか、となった。すると、川和に監督を頼まれ、理事長が快諾してくれた。川和は今でも学校でGMのような形でサポートしてくれています。陰の立役者です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る