• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米で急増中 大谷ファン“二刀流女子”の心情を地元紙代弁

 二刀流として投打に潜在能力の高さを発揮しているエンゼルス・大谷翔平(23)。

 早くも「二刀流女子」なるファンが現れ、スタンドからは黄色い声援も飛んでいる。

 メジャー1年目の開幕早々に全米のファンのハートをつかんだのは単に実力が認められただけではない。大谷はこれまでの日本人選手にないものを持っているからだ。

 エンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」でコラムニストを務めるディラン・ヘルナンデス氏が「二刀流女子」の心情をこう代弁する。

「投打ともレベルの高いプレーを披露する大谷を、映画のスクリーンからマルチな才能を持つ主人公が飛び出してきたように感じているファンは少なくないでしょう。彼ほどの高い身体能力の持ち主は現在のメジャーには見当たりません。長身(193センチ)な上に甘いマスク。それに加え、試合中に時折見せる笑顔が女性ファンの気持ちを引きつけているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る