二刀流の活躍に全米騒然 大谷の大型契約をメジャー通予想

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が幸先のいいスタートを切った。

 ここまで投手として2試合に登板して2勝0敗、防御率2.08。8日(日本時間9日)のアスレチックス戦では七回途中まで完全投球を続け、2戦合計13イニングで18個の三振を奪っている。

 打者としては4試合に出場して3戦連発を含む18打数7安打の打率3割8分9厘、7打点。8勝3敗と開幕ダッシュに成功したチームを投打にわたって牽引(記録は9日終了時)し、9日には日本人選手では過去最短にして史上最年少(23歳9カ月)で週間MVP(2~8日)に選ばれた。

 今や全米の野球ファンの話題は大谷一色。エンゼルスの地元紙以外も大々的に取り上げ、9日付の全国紙「USAトゥデー」(電子版)はベーブ・ルース以来となる二刀流での活躍に「約1世紀ぶりに投打の主力になる、という挑戦は決して空想ではない。オオタニの可能性は今や無限大」と驚きをもって伝えている。複数のメディアからは「大谷と複数年契約して他球団流出を防ぐべき」と気の早い声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る