• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二刀流の活躍に全米騒然 大谷の大型契約をメジャー通予想

 エンゼルス・大谷翔平(23)が幸先のいいスタートを切った。

 ここまで投手として2試合に登板して2勝0敗、防御率2.08。8日(日本時間9日)のアスレチックス戦では七回途中まで完全投球を続け、2戦合計13イニングで18個の三振を奪っている。

 打者としては4試合に出場して3戦連発を含む18打数7安打の打率3割8分9厘、7打点。8勝3敗と開幕ダッシュに成功したチームを投打にわたって牽引(記録は9日終了時)し、9日には日本人選手では過去最短にして史上最年少(23歳9カ月)で週間MVP(2~8日)に選ばれた。

 今や全米の野球ファンの話題は大谷一色。エンゼルスの地元紙以外も大々的に取り上げ、9日付の全国紙「USAトゥデー」(電子版)はベーブ・ルース以来となる二刀流での活躍に「約1世紀ぶりに投打の主力になる、という挑戦は決して空想ではない。オオタニの可能性は今や無限大」と驚きをもって伝えている。複数のメディアからは「大谷と複数年契約して他球団流出を防ぐべき」と気の早い声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る