二刀流の活躍に全米騒然 大谷の大型契約をメジャー通予想

公開日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が幸先のいいスタートを切った。

 ここまで投手として2試合に登板して2勝0敗、防御率2.08。8日(日本時間9日)のアスレチックス戦では七回途中まで完全投球を続け、2戦合計13イニングで18個の三振を奪っている。

 打者としては4試合に出場して3戦連発を含む18打数7安打の打率3割8分9厘、7打点。8勝3敗と開幕ダッシュに成功したチームを投打にわたって牽引(記録は9日終了時)し、9日には日本人選手では過去最短にして史上最年少(23歳9カ月)で週間MVP(2~8日)に選ばれた。

 今や全米の野球ファンの話題は大谷一色。エンゼルスの地元紙以外も大々的に取り上げ、9日付の全国紙「USAトゥデー」(電子版)はベーブ・ルース以来となる二刀流での活躍に「約1世紀ぶりに投打の主力になる、という挑戦は決して空想ではない。オオタニの可能性は今や無限大」と驚きをもって伝えている。複数のメディアからは「大谷と複数年契約して他球団流出を防ぐべき」と気の早い声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る