初勝利に2戦連発 大谷の評判とエ軍の変化を米記者明かす

公開日:

「地元ファンはもちろん、今やチームの同僚までも二刀流の活躍に期待を寄せています」――。エンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」で、コラムニストを務めるディラン・ヘルナンデス記者が大谷翔平(23)についてこう明かした。

 投手としてメジャー初登板初勝利、打者としては本拠地デビュー戦から2戦連続本塁打と二刀流として上々のスタートを切った大谷。投打にわたって結果を残していることもあり、ナインにも早々と受け入れられたという。インディアンスとの3連戦を現地で取材したヘルナンデス氏は「大谷の人柄もあるのでしょうが、選手が彼を悪く言うのを聞いたことがありません」とこう続ける。

「エンゼルスは大谷の加入によって先発6人制が敷かれ、通常の中4日のローテーションから中5日となり、登板数が減る投手が出てきます。面白くない投手がいてもおかしくはないですが、先発陣から不平・不満の声は一切、上がっていません。オープン戦で結果を残せなくても、大谷をかばい続けるだけでなく、むしろ二刀流を応援する選手が多いように感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る