初勝利に2戦連発 大谷の評判とエ軍の変化を米記者明かす

公開日:

「地元ファンはもちろん、今やチームの同僚までも二刀流の活躍に期待を寄せています」――。エンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」で、コラムニストを務めるディラン・ヘルナンデス記者が大谷翔平(23)についてこう明かした。

 投手としてメジャー初登板初勝利、打者としては本拠地デビュー戦から2戦連続本塁打と二刀流として上々のスタートを切った大谷。投打にわたって結果を残していることもあり、ナインにも早々と受け入れられたという。インディアンスとの3連戦を現地で取材したヘルナンデス氏は「大谷の人柄もあるのでしょうが、選手が彼を悪く言うのを聞いたことがありません」とこう続ける。

「エンゼルスは大谷の加入によって先発6人制が敷かれ、通常の中4日のローテーションから中5日となり、登板数が減る投手が出てきます。面白くない投手がいてもおかしくはないですが、先発陣から不平・不満の声は一切、上がっていません。オープン戦で結果を残せなくても、大谷をかばい続けるだけでなく、むしろ二刀流を応援する選手が多いように感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る