大谷はド軍ファンも獲得か 背景にロス近郊のTV中継事情も

公開日: 更新日:

 日本人ルーキーがメジャー移籍後初の栄誉を手にした。

 大リーグ機構(MLB)は9日(日本時間10日)、週間MVP(2~8日)を発表し、ア・リーグはエンゼルス・大谷翔平(23)が初受賞した。MLBによれば、二刀流選手の受賞は1975年に同賞が制定されて以来、初の快挙だ。

 日本人ルーキーによる4月上旬の受賞は過去最速で、23歳9カ月での選出は史上最年少だ。

 その大谷について「今やビッグスターになる可能性を秘めています」と話すのはエンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」でコラムニストを務めるディラン・ヘルナンデス記者だ。

 投手としては2試合(計13イニング)に登板して2勝0敗、防御率2.08。打者としては4試合に出場して3戦連発を含む18打数7安打の打率3割8分9厘、7打点。投打ともチームの勝ち越し(7勝3敗)に大きく貢献している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る