• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

防御率7点台の低空飛行 楽天守護神・松井裕に休養のススメ

 絶対的守護神の面影はどこへやら、楽天の松井裕樹(22)の調子が一向に上がらない。今季は7試合で2敗1セーブ。防御率は7.71と、低空飛行を続けている。

 松井は高卒2年目の2015年、先発から抑えに配置転換されると、昨季までの3年間で3年連続30セーブをマーク。毎年50試合以上投げている。

 それがいまや代名詞のスライダーにもキレがなく、今季は登板した7試合中5試合で失点している。もともと制球に難がある投手とはいえ、この結果はただ事ではない。

 評論家の高橋善正氏は「それだけ抑えは過酷な職業なんです」と、こう続ける。

「毎回、試合のラストに登場し、勝敗を背負うプレッシャーは、他の投手の比ではない。先発なら1イニング打たれても立て直すことは可能だが、抑えは1イニングに全てを懸けている。いくら松井が若くても、3年も務めれば精神的な疲労が体をむしばんでいるはずです。表面上はそう見えずとも、体の芯の部分に疲労が残っているからボールにキレがない。中日の岩瀬のように、10年も抑えを出来る選手の方が例外なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る