• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栗山監督の悩みどころ 清宮1軍昇格の“壁”は中田のプライド

 怪物が目覚めた。

 日本ハムの清宮幸太郎(18)が、20日の二軍戦(ロッテ)で“プロ1号”を含む2本塁打をかっ飛ばした。「3番・一塁」で出場し、三回にロッテ先発の西野から逆転3ランを放つと、七回にも西野から3ラン。2本目は右翼の防球ネットにぶち当てる特大弾だった。

「1本出てほっとした」

 とは試合後の清宮。一方、栗山監督はさも当然といった口ぶりで、「前に進み始めたね。体が元気なら結果を出す。普通に打てば(本塁打は)入るはずだから」と話すも、心中は欣喜雀躍であることは疑いようもない。日ハムはもっか3位だが、投打ともに数字だけを見れば最下位でもおかしくないほど。チーム防御率3.81はリーグ3位。打線も打率.234は4位ながら、57得点はドベなのだ。

 栗山監督は清宮の一軍昇格は明言しなかったものの、可能ならすぐにでも、というのがホンネだろう。しかし、そうなると「あの男」と清宮を天秤にかけなくてはいけない。中田翔(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る