栗山監督の悩みどころ 清宮1軍昇格の“壁”は中田のプライド

公開日: 更新日:

 怪物が目覚めた。

 日本ハム清宮幸太郎(18)が、20日の二軍戦(ロッテ)で“プロ1号”を含む2本塁打をかっ飛ばした。「3番・一塁」で出場し、三回にロッテ先発の西野から逆転3ランを放つと、七回にも西野から3ラン。2本目は右翼の防球ネットにぶち当てる特大弾だった。

「1本出てほっとした」

 とは試合後の清宮。一方、栗山監督はさも当然といった口ぶりで、「前に進み始めたね。体が元気なら結果を出す。普通に打てば(本塁打は)入るはずだから」と話すも、心中は欣喜雀躍であることは疑いようもない。日ハムはもっか3位だが、投打ともに数字だけを見れば最下位でもおかしくないほど。チーム防御率3.81はリーグ3位。打線も打率.234は4位ながら、57得点はドベなのだ。

 栗山監督は清宮の一軍昇格は明言しなかったものの、可能ならすぐにでも、というのがホンネだろう。しかし、そうなると「あの男」と清宮を天秤にかけなくてはいけない。中田翔(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る