栗山監督の悩みどころ 清宮1軍昇格の“壁”は中田のプライド

公開日:  更新日:

 怪物が目覚めた。

 日本ハムの清宮幸太郎(18)が、20日の二軍戦(ロッテ)で“プロ1号”を含む2本塁打をかっ飛ばした。「3番・一塁」で出場し、三回にロッテ先発の西野から逆転3ランを放つと、七回にも西野から3ラン。2本目は右翼の防球ネットにぶち当てる特大弾だった。

「1本出てほっとした」

 とは試合後の清宮。一方、栗山監督はさも当然といった口ぶりで、「前に進み始めたね。体が元気なら結果を出す。普通に打てば(本塁打は)入るはずだから」と話すも、心中は欣喜雀躍であることは疑いようもない。日ハムはもっか3位だが、投打ともに数字だけを見れば最下位でもおかしくないほど。チーム防御率3.81はリーグ3位。打線も打率.234は4位ながら、57得点はドベなのだ。

 栗山監督は清宮の一軍昇格は明言しなかったものの、可能ならすぐにでも、というのがホンネだろう。しかし、そうなると「あの男」と清宮を天秤にかけなくてはいけない。中田翔(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る