栗山監督の悩みどころ 清宮1軍昇格の“壁”は中田のプライド

公開日:  更新日:

 怪物が目覚めた。

 日本ハムの清宮幸太郎(18)が、20日の二軍戦(ロッテ)で“プロ1号”を含む2本塁打をかっ飛ばした。「3番・一塁」で出場し、三回にロッテ先発の西野から逆転3ランを放つと、七回にも西野から3ラン。2本目は右翼の防球ネットにぶち当てる特大弾だった。

「1本出てほっとした」

 とは試合後の清宮。一方、栗山監督はさも当然といった口ぶりで、「前に進み始めたね。体が元気なら結果を出す。普通に打てば(本塁打は)入るはずだから」と話すも、心中は欣喜雀躍であることは疑いようもない。日ハムはもっか3位だが、投打ともに数字だけを見れば最下位でもおかしくないほど。チーム防御率3.81はリーグ3位。打線も打率.234は4位ながら、57得点はドベなのだ。

 栗山監督は清宮の一軍昇格は明言しなかったものの、可能ならすぐにでも、というのがホンネだろう。しかし、そうなると「あの男」と清宮を天秤にかけなくてはいけない。中田翔(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る