• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島守護神“中崎劇場”にベンチ&ファンまたもハラハラ

 1点リードで迎えた最終回。ストッパー中崎翔太(25)の登板が告げられると、本拠地マツダスタジアムには少し微妙な空気が流れた。

 今季もチームの守護神を務める中崎は、この日のヤクルト戦前まで8試合に登板して無敗の6セーブ。が、防御率は4.50で、3者凡退で抑えた試合が4試合しかない。3点リードのマウンドに上がった15日の巨人戦では3安打2四球で2点を失い、ヒヤヒヤのセーブを挙げたばかりだった。

 果たして……。

 この日も先頭のバレンティンにいきなり、あわや同点本塁打かという右翼フェンス直撃の二塁打を浴び、続く4番の青木にはストライクが入らず、ボール3つが先行。スタンドをざわめかせた。

 その青木を遊ゴロに抑え、何とか後続も断ってリーグトップに並ぶ7セーブ目を手にしたとはいえ、ベンチもファンもヒヤヒヤ。最も肝を冷やしたのは、今季初登板初先発で7回2安打1失点と好投し、勝利投手になった中村祐太(22)だっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る