逆転劇で首位独走 西武・辻監督“しがらみなき采配”の源泉

公開日: 更新日:

 2位ソフトバンクに2.5差をつけ、首位を独走中の西武。チーム打率.288とリーグトップの強力打線を武器に、18日は8点差をひっくり返す逆転劇を演じた。

 ある球団関係者は「辻監督(59)の用兵が大きい」と、こう続ける。

「例えば栗山(34)の扱いです。近年は年齢による下半身の衰えもあり、左翼守備にはかげりが見えていた。昨年4月の右足故障以降はそれが顕著になった。それでも生え抜きの主力野手としてファンの人気が高く、2000安打(現在1650本)も視野に入っているなど、スタメンから外しにくい選手だったことは間違いない。しかし、辻監督は昨季のケガ以降はすっぱり左翼から外し、1人抜けた外野で、昨季ブレークした外崎(25)を育て上げた。栗山は現在、調子の悪いメヒアと入れ替わりでDHを務めているが、開幕当初は代打起用だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る