逆転劇で首位独走 西武・辻監督“しがらみなき采配”の源泉

公開日: 更新日:

 2位ソフトバンクに2.5差をつけ、首位を独走中の西武。チーム打率.288とリーグトップの強力打線を武器に、18日は8点差をひっくり返す逆転劇を演じた。

 ある球団関係者は「辻監督(59)の用兵が大きい」と、こう続ける。

「例えば栗山(34)の扱いです。近年は年齢による下半身の衰えもあり、左翼守備にはかげりが見えていた。昨年4月の右足故障以降はそれが顕著になった。それでも生え抜きの主力野手としてファンの人気が高く、2000安打(現在1650本)も視野に入っているなど、スタメンから外しにくい選手だったことは間違いない。しかし、辻監督は昨季のケガ以降はすっぱり左翼から外し、1人抜けた外野で、昨季ブレークした外崎(25)を育て上げた。栗山は現在、調子の悪いメヒアと入れ替わりでDHを務めているが、開幕当初は代打起用だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る