大荒れロッテ戦 西武・菊池雄星が制した“壮絶ぶつけ合い”

公開日: 更新日:

 壮絶な「ぶつけ合い」になった。

 20日のロッテ戦に先発した西武菊池雄星(26)。同点で迎えた八回、3つの四死球で2死満塁のピンチをつくると、菊池は井上に右前適時打を打たれた。その際、折れたバットが右ひざを直撃。打球を追うも、足に力が入らないのか立ち上がれず、しばらくうずくまった。

 球場が騒然となる中、一度ベンチに下がった菊池はすぐにマウンドへ戻り、8回5失点で降板。味方の大量援護に助けられ、リーグトップの4勝目を挙げた。

 菊池の右足を襲ったバットには“伏線”もあった。六回、無死二塁の場面で浅村の打球がロッテの先発ボルシンガーの右足を直撃し、二走の源田が生還。ボルシンガーはこの“被弾”が原因で降板した。

 荒れた試合を制した菊池だが、4四死球と制球も荒れ気味。前回登板の楽天戦も6回5失点でピリッとしなかった。味方の援護と運はいつまで持つやら……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る