守護神サファテも抹消…ホークス救援陣“傷だらけ”の元凶

公開日: 更新日:

 ついには、絶対的守護神まで消えた。

 故障者が続出するソフトバンク。18日には、昨季まで2年連続全試合出場の6番・中村晃に加えて、完全無欠のストッパー・サファテも登録抹消された。右股関節に強い張りを訴える守護神は、米国での検査を希望。近日中にも日本を離れ、長期離脱の可能性も囁かれている。

 開幕前後に次から次へと捕手陣がケガに見舞われる異常事態が発生し、同一リーグの日本ハムから金銭トレードで市川を緊急補強したばかり。だが、それ以上に深刻なのはリリーフ陣だ。

 昨季のMVPでプロ野球記録の54セーブを挙げたサファテだけでなく、セットアッパーの岩崎、五十嵐も故障で欠いている。

 地元マスコミ関係者がこう言った。

「岩崎は右ヒジの異常で12日に手術を受け、復帰までに3カ月。五十嵐は椎間板ヘルニアの疑いでキャンプから離脱している。2人は昨年、それぞれ72試合、46試合に登板してフル回転。昨季66試合に投げたサファテも4年連続で60試合以上に登板している。いずれも、登板過多が心配されていました。もっと言えば、2016年に58試合を投げたスアレスも昨年4月に右ヒジの靱帯再建手術を受け、復帰のメドが立っていない。工藤監督はそもそも先発を早めに交代させるこらえ性のないタイプで、信頼の置ける特定のリリーフ陣に負担が集中してしまう継投をする。その弊害が一気に噴出してしまったという見方がチーム内にもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る