• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

14試合で本塁打1本…阪神・金本監督がロサリオを見限る日

 14試合が終わって、ホームラン1本というのは誤算だろう。

 阪神の4番ロサリオは、ここまで打率.222、7打点。金本監督が期待する本塁打はまだ1本しか出ていない。

 ヤクルトに完封負けを食らった14日は3打数で1三振、2併殺の大ブレーキ。韓国で2年連続打率3割2分、33本塁打、110打点以上の大砲も、日本球界では苦しんでいる。

 力勝負を挑んでくる韓国と違い、日本の投手は欠点をしつこく攻める。変化球の制球も総じていい。

「15日のヤクルト戦も、先発由規は外角にスライダーを集めた。その中で甘い球を中前打するのが精いっぱいだった。現状では長打は厳しい。韓国時代はスロースターターと聞いた。金本監督も日本の投手に目が慣れたら爆発するとみているようだが、今の打線はまだ元気がない。ブレーキになる助っ人の起用はチームのムードを悪くする」(あるOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る