14試合で本塁打1本…阪神・金本監督がロサリオを見限る日

公開日:  更新日:

 14試合が終わって、ホームラン1本というのは誤算だろう。

 阪神の4番ロサリオは、ここまで打率.222、7打点。金本監督が期待する本塁打はまだ1本しか出ていない。

 ヤクルトに完封負けを食らった14日は3打数で1三振、2併殺の大ブレーキ。韓国で2年連続打率3割2分、33本塁打、110打点以上の大砲も、日本球界では苦しんでいる。

 力勝負を挑んでくる韓国と違い、日本の投手は欠点をしつこく攻める。変化球の制球も総じていい。

「15日のヤクルト戦も、先発由規は外角にスライダーを集めた。その中で甘い球を中前打するのが精いっぱいだった。現状では長打は厳しい。韓国時代はスロースターターと聞いた。金本監督も日本の投手に目が慣れたら爆発するとみているようだが、今の打線はまだ元気がない。ブレーキになる助っ人の起用はチームのムードを悪くする」(あるOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る