• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

14試合で本塁打1本…阪神・金本監督がロサリオを見限る日

 14試合が終わって、ホームラン1本というのは誤算だろう。

 阪神の4番ロサリオは、ここまで打率.222、7打点。金本監督が期待する本塁打はまだ1本しか出ていない。

 ヤクルトに完封負けを食らった14日は3打数で1三振、2併殺の大ブレーキ。韓国で2年連続打率3割2分、33本塁打、110打点以上の大砲も、日本球界では苦しんでいる。

 力勝負を挑んでくる韓国と違い、日本の投手は欠点をしつこく攻める。変化球の制球も総じていい。

「15日のヤクルト戦も、先発由規は外角にスライダーを集めた。その中で甘い球を中前打するのが精いっぱいだった。現状では長打は厳しい。韓国時代はスロースターターと聞いた。金本監督も日本の投手に目が慣れたら爆発するとみているようだが、今の打線はまだ元気がない。ブレーキになる助っ人の起用はチームのムードを悪くする」(あるOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る