米からフロント幹部来日 菊池雄星獲得の決め手は“カネ”だ

公開日: 更新日:

 西武菊池雄星の周辺が慌ただしくなってきた。

 去る4月20日、西武ドーム(メットライフ)で行われたロッテ戦にはヤンキース、レッドソックスなど計メジャー10球団のスカウトや編成担当者が訪れた。中でもフィリーズ、パドレス、ダイヤモンドバックスは、わざわざ米国からフロント幹部が足を運んだほどだ。

 各球団ともトレード期限の7月末過ぎには、来季へ向けた構想が固まる。視察する球団は今後、徐々に増えるだろうし、9月にはGMクラスが来日して最終的なチェックをすることになる。

 菊池は今オフ、ポスティングシステムによるメジャー挑戦が有力視されている。現在のポスティングシステムは移籍金付きFAのようなものだから、最終的に本人が行きたい球団に行ける制度だ。カネを含めた条件面、球団の特徴、本拠地の環境や気候、本拠地球場の特性、球団関係者との人脈などがポイントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る