米からフロント幹部来日 菊池雄星獲得の決め手は“カネ”だ

公開日: 更新日:

 西武菊池雄星の周辺が慌ただしくなってきた。

 去る4月20日、西武ドーム(メットライフ)で行われたロッテ戦にはヤンキース、レッドソックスなど計メジャー10球団のスカウトや編成担当者が訪れた。中でもフィリーズ、パドレス、ダイヤモンドバックスは、わざわざ米国からフロント幹部が足を運んだほどだ。

 各球団ともトレード期限の7月末過ぎには、来季へ向けた構想が固まる。視察する球団は今後、徐々に増えるだろうし、9月にはGMクラスが来日して最終的なチェックをすることになる。

 菊池は今オフ、ポスティングシステムによるメジャー挑戦が有力視されている。現在のポスティングシステムは移籍金付きFAのようなものだから、最終的に本人が行きたい球団に行ける制度だ。カネを含めた条件面、球団の特徴、本拠地の環境や気候、本拠地球場の特性、球団関係者との人脈などがポイントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る