ノーマークDeNA京山の活躍で関西担当が背中を丸めてた

公開日: 更新日:

「開幕から3連勝したDeNAの京山は高卒2年目。確かドラフト4位ですよね。彼がエース格になるかどうかは分かりませんけど、あんなふうに他球団がノーマークの選手を下位で獲得できませんか?」

 先日のスカウト会議で仏頂面のエラいさんがこう言ったから、ウチの関西地区担当スカウトは背中を丸めて小さくなってたっけ。

 京山は滋賀の近江高校出身だけに、関西担当は自分が嫌みを言われたと思ったんだろうな。

 近江のエースとして16年夏の甲子園に出場、1回戦の常総学院戦に2番手で登板するも、6回を10安打6失点と打ち込まれた右腕だ。地区予選での好投をひそかに評価していた関西担当も、球団内の他のスカウトの目の前で火だるまになった投手の獲得を強く推すことはできなかったに違いない。

 オレたちにとって、この時期のスカウト会議は針のムシロさ。大学野球のリーグ戦が始まり、今年のドラフトの大まかな方針を決めていく。その過程で話題に上るのは、なぜか、他球団で活躍するノーマークだった選手たち。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る