• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ノーマークDeNA京山の活躍で関西担当が背中を丸めてた

「開幕から3連勝したDeNAの京山は高卒2年目。確かドラフト4位ですよね。彼がエース格になるかどうかは分かりませんけど、あんなふうに他球団がノーマークの選手を下位で獲得できませんか?」

 先日のスカウト会議で仏頂面のエラいさんがこう言ったから、ウチの関西地区担当スカウトは背中を丸めて小さくなってたっけ。

 京山は滋賀の近江高校出身だけに、関西担当は自分が嫌みを言われたと思ったんだろうな。

 近江のエースとして16年夏の甲子園に出場、1回戦の常総学院戦に2番手で登板するも、6回を10安打6失点と打ち込まれた右腕だ。地区予選での好投をひそかに評価していた関西担当も、球団内の他のスカウトの目の前で火だるまになった投手の獲得を強く推すことはできなかったに違いない。

 オレたちにとって、この時期のスカウト会議は針のムシロさ。大学野球のリーグ戦が始まり、今年のドラフトの大まかな方針を決めていく。その過程で話題に上るのは、なぜか、他球団で活躍するノーマークだった選手たち。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る