鈴木愛まさかの申ジエにV奪われ 大誤算の原因を評論家解説

公開日:

【ワールドレディスサロンパスカップ 最終日】

 今大会は日韓賞金女王対決に注目が集まった。

 鈴木愛(23)とイ・ジョンウン6(21)だ。決勝ラウンド2日間を最終組で一緒にプレーし、最終日は5アンダー首位のイ、1アンダー2位タイの鈴木、申ジエ(30)のペアリングになった。

 前日、最終組でのプレーが決まった鈴木は、「やっぱり敵が目の前にいる方がいいと思う。相手の状況を見ながらゴルフができる」と語り、韓国賞金女王に並々ならぬ闘争心を燃やしていた。逆転を目指して照準をイに絞ったわけだ。

 この日の女王バトルはスコアが目まぐるしく動き、鈴木は2番でボギーが先行し、イが5番でイーグルを奪って一時は7打差になった。それでも鈴木はしぶとく食らいつき、前半は4アンダーのイに、1打差まで詰め寄ってターン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る