鈴木愛まさかの申ジエにV奪われ 大誤算の原因を評論家解説

公開日: 更新日:

【ワールドレディスサロンパスカップ 最終日】

 今大会は日韓賞金女王対決に注目が集まった。

 鈴木愛(23)とイ・ジョンウン6(21)だ。決勝ラウンド2日間を最終組で一緒にプレーし、最終日は5アンダー首位のイ、1アンダー2位タイの鈴木、申ジエ(30)のペアリングになった。

 前日、最終組でのプレーが決まった鈴木は、「やっぱり敵が目の前にいる方がいいと思う。相手の状況を見ながらゴルフができる」と語り、韓国賞金女王に並々ならぬ闘争心を燃やしていた。逆転を目指して照準をイに絞ったわけだ。

 この日の女王バトルはスコアが目まぐるしく動き、鈴木は2番でボギーが先行し、イが5番でイーグルを奪って一時は7打差になった。それでも鈴木はしぶとく食らいつき、前半は4アンダーのイに、1打差まで詰め寄ってターン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る