インド人プロが初V アジアで取り残されるジリ貧日本ツアー

公開日:  更新日:

【パナソニックOP】

 勝ったラヒル・ガンジー(39=インド)は世界ランク1037位の無名選手。今年になって4戦目での勝利だった。

 2018年は、日本ツアーとアジアンツアーとの共催大会である「SMBCシンガポールオープン」「レオパレス21ミャンマーオープン」はともに棄権。マレーシアで開催された「メイバンク選手権」は133位タイで予選落ちし、これまでの3試合は獲得賞金ゼロだった。

 そのガンジーが来日していきなり3000万円の優勝賞金を手にして、日本ツアーの賞金ランクでもトップに立った。ちなみに01年のプロ転向後は04年のフォルクスワーゲンマスターズ・チャイナの1勝だけ。実に14年ぶりの2勝目である。

「勝てない14年間は本当に長かったので、いろんなことがあって簡単には説明できません。地元コルカタのコースは、グリーン回りのコンディションがあまりよくなく、ショートゲームがよくない期間が長かった。(優勝3000万円は)今までで格段に多い賞金。来週から日本でプレーします」(ガンジー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る