インド人プロが初V アジアで取り残されるジリ貧日本ツアー

公開日: 更新日:

【パナソニックOP】

 勝ったラヒル・ガンジー(39=インド)は世界ランク1037位の無名選手。今年になって4戦目での勝利だった。

 2018年は、日本ツアーとアジアンツアーとの共催大会である「SMBCシンガポールオープン」「レオパレス21ミャンマーオープン」はともに棄権。マレーシアで開催された「メイバンク選手権」は133位タイで予選落ちし、これまでの3試合は獲得賞金ゼロだった。

 そのガンジーが来日していきなり3000万円の優勝賞金を手にして、日本ツアーの賞金ランクでもトップに立った。ちなみに01年のプロ転向後は04年のフォルクスワーゲンマスターズ・チャイナの1勝だけ。実に14年ぶりの2勝目である。

「勝てない14年間は本当に長かったので、いろんなことがあって簡単には説明できません。地元コルカタのコースは、グリーン回りのコンディションがあまりよくなく、ショートゲームがよくない期間が長かった。(優勝3000万円は)今までで格段に多い賞金。来週から日本でプレーします」(ガンジー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る