集客に躍起 日本プロゴルフ選手権“入場料放棄”の前代未聞

公開日:

【日本プロゴルフ選手権】

 第1回大会は1926(大正15)年とわが国で最も古い歴史を持ち、86回を数える日本プロが開幕した。“国内メジャー”と呼ばれ、優勝者には5年シードが与えられる日本プロゴルフ協会主催のビッグイベントだ。

 入場料は、予選ラウンド各日4000円、決勝ラウンド各日6000円と高い。だが、今年は石川遼選手会長の肝いりで「高校生以下と同伴者2人は入場無料」になる。

 つまり、高校生以下の子供を1人連れていけば、大人2人も含めて全員が無料になるのだ。これで来場者がアップするともくろんでいるようだ。

「入場料を取ったら観客を呼べないと自分たちで認めているようなものでしょう」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

「プロの試合が面白ければマスターズのように大金を払って、どんなに遠くでも観戦に行くし、つまらなければタダでも見に行かない。この興行の原理がわかっていない。“入場料が無料になるから子供を連れてきて”では本当に試合会場に足を運んでもらいたいという熱意が伝わらない。ただ単に観客数を水増ししたいだけです。プロは本来、入場料をもらって、アマチュアが絶対に真似できないショットを見せるのが本分でしょう。こんなことをしていたらファンに呆れられるだけです」

 いっそのことプロが手にする賞金を大幅に減額して、入場料ナシ、来場者全員にお土産付きにしたほうが観客は集まるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る