集客に躍起 日本プロゴルフ選手権“入場料放棄”の前代未聞

公開日:

【日本プロゴルフ選手権】

 第1回大会は1926(大正15)年とわが国で最も古い歴史を持ち、86回を数える日本プロが開幕した。“国内メジャー”と呼ばれ、優勝者には5年シードが与えられる日本プロゴルフ協会主催のビッグイベントだ。

 入場料は、予選ラウンド各日4000円、決勝ラウンド各日6000円と高い。だが、今年は石川遼選手会長の肝いりで「高校生以下と同伴者2人は入場無料」になる。

 つまり、高校生以下の子供を1人連れていけば、大人2人も含めて全員が無料になるのだ。これで来場者がアップするともくろんでいるようだ。

「入場料を取ったら観客を呼べないと自分たちで認めているようなものでしょう」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

「プロの試合が面白ければマスターズのように大金を払って、どんなに遠くでも観戦に行くし、つまらなければタダでも見に行かない。この興行の原理がわかっていない。“入場料が無料になるから子供を連れてきて”では本当に試合会場に足を運んでもらいたいという熱意が伝わらない。ただ単に観客数を水増ししたいだけです。プロは本来、入場料をもらって、アマチュアが絶対に真似できないショットを見せるのが本分でしょう。こんなことをしていたらファンに呆れられるだけです」

 いっそのことプロが手にする賞金を大幅に減額して、入場料ナシ、来場者全員にお土産付きにしたほうが観客は集まるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る