大谷11奪三振 メジャー最多103球も無念の降板で4勝目逃す

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)の好投は報われなかった。

 13日(日本時間14日)のツインズ戦に登板。6回3分の1を3安打1失点、11奪三振、2四球。勝敗は付かなかった。

 立ち上がりから160キロ近い直球に低めの変化球の組み立てで、相手のバットに空を切らせる。二回から三回にかけて5者連続三振に仕留めるなど、計11個の三振を奪った。

 この日の大谷は危なげない投球を披露し、唯一のピンチは1点リードした直後の六回だった。1番から始まるこの回は先頭のドジャーを初めて四球で歩かせると、自身の暴投と内野ゴロの間に2死三塁と同点のピンチを迎えたが、4番ロサリオをカウント1―2からスプリットで空振り三振を奪い、付け入る隙を与えない。

 ベンチが慌ただしくなったのは七回。1死後、ここまで2安打を許している6番モリソンに四球を与え、100球を超えたところで、ベンチからソーシア監督が飛び出して、お役御免となった。大谷は下位打線が続くだけに、投げ切る自信があったのだろう。指揮官から交代を命じられると、口を膨らませて悔しそうな表情を見せながら、ベンチに引き揚げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  3. 3

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る