• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷11奪三振 メジャー最多103球も無念の降板で4勝目逃す

 エンゼルス・大谷翔平(23)の好投は報われなかった。

 13日(日本時間14日)のツインズ戦に登板。6回3分の1を3安打1失点、11奪三振、2四球。勝敗は付かなかった。

 立ち上がりから160キロ近い直球に低めの変化球の組み立てで、相手のバットに空を切らせる。二回から三回にかけて5者連続三振に仕留めるなど、計11個の三振を奪った。

 この日の大谷は危なげない投球を披露し、唯一のピンチは1点リードした直後の六回だった。1番から始まるこの回は先頭のドジャーを初めて四球で歩かせると、自身の暴投と内野ゴロの間に2死三塁と同点のピンチを迎えたが、4番ロサリオをカウント1―2からスプリットで空振り三振を奪い、付け入る隙を与えない。

 ベンチが慌ただしくなったのは七回。1死後、ここまで2安打を許している6番モリソンに四球を与え、100球を超えたところで、ベンチからソーシア監督が飛び出して、お役御免となった。大谷は下位打線が続くだけに、投げ切る自信があったのだろう。指揮官から交代を命じられると、口を膨らませて悔しそうな表情を見せながら、ベンチに引き揚げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る