大谷11奪三振 メジャー最多103球も無念の降板で4勝目逃す

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)の好投は報われなかった。

 13日(日本時間14日)のツインズ戦に登板。6回3分の1を3安打1失点、11奪三振、2四球。勝敗は付かなかった。

 立ち上がりから160キロ近い直球に低めの変化球の組み立てで、相手のバットに空を切らせる。二回から三回にかけて5者連続三振に仕留めるなど、計11個の三振を奪った。

 この日の大谷は危なげない投球を披露し、唯一のピンチは1点リードした直後の六回だった。1番から始まるこの回は先頭のドジャーを初めて四球で歩かせると、自身の暴投と内野ゴロの間に2死三塁と同点のピンチを迎えたが、4番ロサリオをカウント1―2からスプリットで空振り三振を奪い、付け入る隙を与えない。

 ベンチが慌ただしくなったのは七回。1死後、ここまで2安打を許している6番モリソンに四球を与え、100球を超えたところで、ベンチからソーシア監督が飛び出して、お役御免となった。大谷は下位打線が続くだけに、投げ切る自信があったのだろう。指揮官から交代を命じられると、口を膨らませて悔しそうな表情を見せながら、ベンチに引き揚げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る