5勝目ならず…ヤンキース田中“エース復権”に足りないもの

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(29)が9日(日本時間10日)のレッドソックス戦に登板。ア・リーグ東地区で同率の首位に立つ宿敵相手に5回3分の1を2本塁打含む8安打4失点。勝利投手の権利を持って降板したが、リリーフ投手が打ち込まれて5勝目(2敗)はならなかった。

 田中は、レッドソックスの強力打線相手に丁寧な投球を披露。この試合の前までで、打率(3割6分)、本塁打(13)と2冠のベッツに対しては徹底した低めへの攻めで仕事をさせない。

 メジャーを代表するリードオフマンを完璧に封じ込めたが、後続に手痛い一発を許す。

 2点リードで迎えた五回だった。先頭のベッツを投ゴロに仕留めたが、続くベニンテンディに甘く入った変化球を右翼席に叩き込まれ、この日2発目を浴びる。ベニンテンディは今季ここまでわずか1本塁打で、好打者が揃うレッドソックス打線の中では非力の選手だ。明らかに田中の失投である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る