5勝目ならず…ヤンキース田中“エース復権”に足りないもの

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(29)が9日(日本時間10日)のレッドソックス戦に登板。ア・リーグ東地区で同率の首位に立つ宿敵相手に5回3分の1を2本塁打含む8安打4失点。勝利投手の権利を持って降板したが、リリーフ投手が打ち込まれて5勝目(2敗)はならなかった。

 田中は、レッドソックスの強力打線相手に丁寧な投球を披露。この試合の前までで、打率(3割6分)、本塁打(13)と2冠のベッツに対しては徹底した低めへの攻めで仕事をさせない。

 メジャーを代表するリードオフマンを完璧に封じ込めたが、後続に手痛い一発を許す。

 2点リードで迎えた五回だった。先頭のベッツを投ゴロに仕留めたが、続くベニンテンディに甘く入った変化球を右翼席に叩き込まれ、この日2発目を浴びる。ベニンテンディは今季ここまでわずか1本塁打で、好打者が揃うレッドソックス打線の中では非力の選手だ。明らかに田中の失投である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る