暇さえあれば素振り…中日・松坂は打撃のことで頭が一杯?

公開日:  更新日:

 13日の巨人戦(東京ドーム)での登板が予定されている松坂大輔(37)。東京ドームは西武時代の1999年にプロ初登板初勝利の衝撃デビューを飾った場所で、2009年のWBC以来9年ぶりのマウンドとなる。登板前々日の11日には、この思い出のマウンドの感触を念入りに確認し、「どんなもんかなと、(マウンドからの)見え方を確認した。昔に比べると少し硬くなっているかもしれない」と話した。

 その松坂は、投手練習が終わってもベンチ裏に引き揚げず、外野でフリー打撃の打球を追った。「早く上がれと言っているのに、いつもああやって最後までグラウンドにいる」と話すのは、西武時代からの「兄貴分」である中日の友利国際渉外担当だ。

「あいつが1日24時間、考えているのは野球と家族のことだけ。野球のことといっても投球のことだけじゃなくて、暇さえあれば(ミラールームやベンチの)裏でずっと素振りしている。投手としての練習以外のときはほとんど。しかも、いろんな選手のバットを集めているんだよ。オレにも『福留(孝介)さんからバットをもらってきてください』って頼んできたりする。ピッチング以上にバッティングが大好き。早くヒットが打ちたくてしょうがないみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る