暇さえあれば素振り…中日・松坂は打撃のことで頭が一杯?

公開日: 更新日:

 13日の巨人戦(東京ドーム)での登板が予定されている松坂大輔(37)。東京ドームは西武時代の1999年にプロ初登板初勝利の衝撃デビューを飾った場所で、2009年のWBC以来9年ぶりのマウンドとなる。登板前々日の11日には、この思い出のマウンドの感触を念入りに確認し、「どんなもんかなと、(マウンドからの)見え方を確認した。昔に比べると少し硬くなっているかもしれない」と話した。

 その松坂は、投手練習が終わってもベンチ裏に引き揚げず、外野でフリー打撃の打球を追った。「早く上がれと言っているのに、いつもああやって最後までグラウンドにいる」と話すのは、西武時代からの「兄貴分」である中日の友利国際渉外担当だ。

「あいつが1日24時間、考えているのは野球と家族のことだけ。野球のことといっても投球のことだけじゃなくて、暇さえあれば(ミラールームやベンチの)裏でずっと素振りしている。投手としての練習以外のときはほとんど。しかも、いろんな選手のバットを集めているんだよ。オレにも『福留(孝介)さんからバットをもらってきてください』って頼んできたりする。ピッチング以上にバッティングが大好き。早くヒットが打ちたくてしょうがないみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る