暇さえあれば素振り…中日・松坂は打撃のことで頭が一杯?

公開日:  更新日:

 13日の巨人戦(東京ドーム)での登板が予定されている松坂大輔(37)。東京ドームは西武時代の1999年にプロ初登板初勝利の衝撃デビューを飾った場所で、2009年のWBC以来9年ぶりのマウンドとなる。登板前々日の11日には、この思い出のマウンドの感触を念入りに確認し、「どんなもんかなと、(マウンドからの)見え方を確認した。昔に比べると少し硬くなっているかもしれない」と話した。

 その松坂は、投手練習が終わってもベンチ裏に引き揚げず、外野でフリー打撃の打球を追った。「早く上がれと言っているのに、いつもああやって最後までグラウンドにいる」と話すのは、西武時代からの「兄貴分」である中日の友利国際渉外担当だ。

「あいつが1日24時間、考えているのは野球と家族のことだけ。野球のことといっても投球のことだけじゃなくて、暇さえあれば(ミラールームやベンチの)裏でずっと素振りしている。投手としての練習以外のときはほとんど。しかも、いろんな選手のバットを集めているんだよ。オレにも『福留(孝介)さんからバットをもらってきてください』って頼んできたりする。ピッチング以上にバッティングが大好き。早くヒットが打ちたくてしょうがないみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る