• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暇さえあれば素振り…中日・松坂は打撃のことで頭が一杯?

 13日の巨人戦(東京ドーム)での登板が予定されている松坂大輔(37)。東京ドームは西武時代の1999年にプロ初登板初勝利の衝撃デビューを飾った場所で、2009年のWBC以来9年ぶりのマウンドとなる。登板前々日の11日には、この思い出のマウンドの感触を念入りに確認し、「どんなもんかなと、(マウンドからの)見え方を確認した。昔に比べると少し硬くなっているかもしれない」と話した。

 その松坂は、投手練習が終わってもベンチ裏に引き揚げず、外野でフリー打撃の打球を追った。「早く上がれと言っているのに、いつもああやって最後までグラウンドにいる」と話すのは、西武時代からの「兄貴分」である中日の友利国際渉外担当だ。

「あいつが1日24時間、考えているのは野球と家族のことだけ。野球のことといっても投球のことだけじゃなくて、暇さえあれば(ミラールームやベンチの)裏でずっと素振りしている。投手としての練習以外のときはほとんど。しかも、いろんな選手のバットを集めているんだよ。オレにも『福留(孝介)さんからバットをもらってきてください』って頼んできたりする。ピッチング以上にバッティングが大好き。早くヒットが打ちたくてしょうがないみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る