先発6戦目で球速160km割れ フル回転の大谷に“ガス欠”懸念

公開日:  更新日:

 大谷翔平(23)が11奪三振をマークして評価をさらに上げた13日(日本時間14日)の対ツインズ戦。スプリットとスライダーとカーブは冴えたものの、ストレートの最速は159キロ。大谷の最速ストレートが160キロを割ったのは、開幕6試合目で初めてだ。

 メジャーの一線級投手は通常、このあたりからエンジンを吹かす。開幕から飛ばしていては、とてもじゃないがシーズン終盤までもたないし、プレーオフを狙うチームにいれば10月まで投げ続ける必要がある。例えばヤンキースの黄金時代を支えていたペティットやクレメンスらは、5月くらいから尻上がりに調子を上げていたものだ。

 そこへいくと大谷は2月のキャンプからフルスロットル。投手としてはプロ野球と比べて大きく滑りやすいメジャー公認球、打者としてはメジャー投手の動く速球に対応しながら、なおかつ結果を求め続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る