大谷はメジャーで全盛ツーシーム投げず…でも大正解の理由

公開日:

 メジャーはいま、ツーシーム全盛だ。速球がシュートしながら沈むツーシームは、バットの芯を外して内野ゴロを打たせるのに適した球種といわれる。

 メジャー公認球は、プロ野球の統一球と比べて変化が大きい。ツーシームも面白いように変化するため、海を渡った日本人投手の多くがとりこになる。ダルビッシュしかり、田中しかり、メジャー入り直後はツーシームを投げまくった。

 そんな中、ツーシームを投げようとすらしないのがエンゼルスの大谷翔平(23)だ。速球は純粋な真っすぐのフォーシームだけ。キャンプからここまで、速球を動かそうという意図をまったく感じさせない。

■スプリットがより効果的に

 しかし、大谷のスタンスは大正解だ。

 メジャーでは多くの投手がツーシームを主体にする。速球を打者の手元で動かす。そのため打者は速球を手元まで引きつけ、変化を見極めて打つことに慣れている。速球は手元で動くのが当然という意識がある。そこへ球威も球速もツーシームに勝るフォーシームを投げるから効く。打者はどうしても始動が遅れるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る