大谷はメジャーで全盛ツーシーム投げず…でも大正解の理由

公開日: 更新日:

 メジャーはいま、ツーシーム全盛だ。速球がシュートしながら沈むツーシームは、バットの芯を外して内野ゴロを打たせるのに適した球種といわれる。

 メジャー公認球は、プロ野球の統一球と比べて変化が大きい。ツーシームも面白いように変化するため、海を渡った日本人投手の多くがとりこになる。ダルビッシュしかり、田中しかり、メジャー入り直後はツーシームを投げまくった。

 そんな中、ツーシームを投げようとすらしないのがエンゼルスの大谷翔平(23)だ。速球は純粋な真っすぐのフォーシームだけ。キャンプからここまで、速球を動かそうという意図をまったく感じさせない。

■スプリットがより効果的に

 しかし、大谷のスタンスは大正解だ。

 メジャーでは多くの投手がツーシームを主体にする。速球を打者の手元で動かす。そのため打者は速球を手元まで引きつけ、変化を見極めて打つことに慣れている。速球は手元で動くのが当然という意識がある。そこへ球威も球速もツーシームに勝るフォーシームを投げるから効く。打者はどうしても始動が遅れるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る