• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

使いたくても使えない…日ハム清宮“二軍行き”へ秒読み段階

 清宮幸太郎(18)はいつまで一軍にいられるのか。

 そもそも去る2日の一軍昇格は、外野か指名打者で起用されていた近藤が右ふくらはぎ痛で抹消されたため。近藤の離脱中にプロ初本塁打やデビュー戦からの連続試合安打記録を作る活躍を見せると、近藤の復帰直前の13日に、今度は同ポジションのアルシアが左太ももの張りで抹消された。

 こうした状況が清宮の一軍起用を後押ししていたものの、ここ最近は安打がなかなか出ず、打率1割台に低迷。20日の楽天戦では一軍昇格後初めてスタメンから外れるなど、プロの壁にぶち当たっている。

 あくまで球団は、清宮に少しでも多くの打席、守備や走塁の機会を与えたい。20日のベンチスタートについては栗山監督が「疲れが出ている。代打での姿を見たかった」と説明したが、こうした「ベンチスタートで代打で1打席のみの出場」のようなベンチを温める時間が長くなる状況は、極力避けたいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る