清宮19打席ヒットなし…大先輩を手本に“二軍から出直し”か

公開日: 更新日:

 本当にこのままでいいのか。

 日本ハムの清宮がこの日は「5番・DH」で出場。1ゴロ、2三振の3タコに終わり、9日のオリックス戦で放ったプロ初本塁打以降、19打席連続無安打となった。

 ここまで11試合の清宮の数字は、40打数7安打、1本塁打、1打点、19三振。打率は.175まで下がった。

 打数の約半分が三振という打者が中軸にいては投手もかわいそうだが、栗山監督は今月7日に「一回、落とさないといけないとも思っている」と、清宮を二軍で経験を積ませるプランを明かしながら、前日は「本塁打の後はなかなかストライクを投げてくれない。変に結果を出すより確実に前に進んでいる」と評した。

 高卒の長距離打者で思い出すのは、あの松井秀喜(現ヤンキースGM特別アドバイザー)だ。1年目のオープン戦は53打数5安打20三振。プロのスピードについていけず開幕は二軍で迎えた。一軍デビューは5月1日のヤクルト戦で「7番・左翼」。その第2打席で右翼フェンス直撃の二塁打を放ち、プロ初安打、初打点を記録した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る