• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5番降格も4タコ…阪神ロサリオ「スタメン落ち」へ秒読み

 不振が続く阪神のロサリオが、この日も4タコに終わった。初回は2死二、三塁の先制のチャンスに二飛に倒れ、六回も1死一、二塁で右飛だった。

 12日の広島戦から、4番から5番に打順が下がった。この助っ人が期待通りの活躍を見せれば、阪神は接戦のこの試合も楽に勝てただろう。

 昨季まで韓国球界で2年連続3割、30本塁打、100打点。日本球界でも大きな戦力になると評価され阪神が獲得したものの、開幕後は日本投手の巧みな配球に苦しみ、ここまで打率・237、3本塁打、16打点、28三振の数字はお寒い限り。

 明るく、真面目な助っ人も、最近は責任を感じているのか、表情も曇りがち。ここにきて打撃フォームを修正しているが、こういうタイプは気持ちの切り替えに時間がかかるので不振になると長い。毎度、外角の変化球で簡単に「料理」されるシーンが続き、最近は金本監督もロサリオの「スタメン外し」が脳裏をよぎっているのではないか。

 この日は日本ハムのルーキー清宮に22打席ぶりのヒットが出た。こちらも三振の山を築き、「そろそろファーム行き」といわれているが、ロサリオのスタメン落ちは清宮の二軍落ちより早いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る