5番降格も4タコ…阪神ロサリオ「スタメン落ち」へ秒読み

公開日: 更新日:

 不振が続く阪神のロサリオが、この日も4タコに終わった。初回は2死二、三塁の先制のチャンスに二飛に倒れ、六回も1死一、二塁で右飛だった。

 12日の広島戦から、4番から5番に打順が下がった。この助っ人が期待通りの活躍を見せれば、阪神は接戦のこの試合も楽に勝てただろう。

 昨季まで韓国球界で2年連続3割、30本塁打、100打点。日本球界でも大きな戦力になると評価され阪神が獲得したものの、開幕後は日本投手の巧みな配球に苦しみ、ここまで打率・237、3本塁打、16打点、28三振の数字はお寒い限り。

 明るく、真面目な助っ人も、最近は責任を感じているのか、表情も曇りがち。ここにきて打撃フォームを修正しているが、こういうタイプは気持ちの切り替えに時間がかかるので不振になると長い。毎度、外角の変化球で簡単に「料理」されるシーンが続き、最近は金本監督もロサリオの「スタメン外し」が脳裏をよぎっているのではないか。

 この日は日本ハムのルーキー清宮に22打席ぶりのヒットが出た。こちらも三振の山を築き、「そろそろファーム行き」といわれているが、ロサリオのスタメン落ちは清宮の二軍落ちより早いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る