三冠王や打撃C指摘 日ハム清宮の打撃開眼は重心移動がカギ

公開日: 更新日:

 16日の西武戦、清宮幸太郎(18)は3打数無安打に終わった。

 球場が沸いたのは3打席目。十亀の外角速球を捉え、打球は右中間に高々と舞い上がった。プロ2号! と思われた当たりはしかし、「差し込まれました」と本人が振り返ったように、フェンス手前で失速。中堅の秋山が取り損なったのを見て一気に三塁を陥れたものの、記録はエラーで歓声はため息に変わった。

 前日に22打席ぶりの安打を放ったが、この日の3タコで打率は.174まで降下。試合前には、フリー打撃の待ち時間に自らロングティーを志願し、打撃練習では広角に打つ意識で臨んだ。練習ではほれぼれするような打球をポンポン飛ばすが、試合では相変わらず苦戦が続く。

 打撃開眼のポイントは重心移動と足の蹴りにあるかもしれない。

 清宮は結果が出ていないときに「重心が後ろに残っていて前に出ない」と話したことがある。重心を軸足から前足に移動させながら打つが、それが後ろの左足に残ったままだと振り遅れ、打球が詰まり気味になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る