19歳誕生日に初適時打 清宮育成計画を日ハム球団社長語る

公開日:

「もっと打って気持ちよく迎えられればよかったですけど、そうもうまくいかない。来年の誕生日はもっと打っていたい」

 25日に19歳の誕生日を迎えた清宮幸太郎がこう言って決意を新たにした。

 報道陣からケーキを用意され、歌で祝福されると「ありがとうございます」と恐縮しきりだった清宮は、同日の西武戦でプロ初適時打を含む4打数2安打の活躍。マルチヒットも自身初とあって、記念日に花を添えた。

 その清宮の評判や育成について、球場を訪れていた竹田球団社長に話を聞くと、「(大谷)翔平もそうでしたが、清宮は素晴らしい人間性を持っている。誕生日の対応もしっかりやっていたことでしょう」と評価した上で、こう続けた。

「彼にはまず、当たり前のことを当たり前にできるようになってもらいたい。感謝するのはタダ、笑顔もタダです。約束を守る、整理整頓をする。そういうことが大事。技術はそれからでいい。(一、二軍については)栗山(監督)に任せている。2人の出会いは運命だと思う。栗山に任せておけば必ず育ててくれる。必ず日本を代表する選手に育てます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る