19歳誕生日に初適時打 清宮育成計画を日ハム球団社長語る

公開日:

「もっと打って気持ちよく迎えられればよかったですけど、そうもうまくいかない。来年の誕生日はもっと打っていたい」

 25日に19歳の誕生日を迎えた清宮幸太郎がこう言って決意を新たにした。

 報道陣からケーキを用意され、歌で祝福されると「ありがとうございます」と恐縮しきりだった清宮は、同日の西武戦でプロ初適時打を含む4打数2安打の活躍。マルチヒットも自身初とあって、記念日に花を添えた。

 その清宮の評判や育成について、球場を訪れていた竹田球団社長に話を聞くと、「(大谷)翔平もそうでしたが、清宮は素晴らしい人間性を持っている。誕生日の対応もしっかりやっていたことでしょう」と評価した上で、こう続けた。

「彼にはまず、当たり前のことを当たり前にできるようになってもらいたい。感謝するのはタダ、笑顔もタダです。約束を守る、整理整頓をする。そういうことが大事。技術はそれからでいい。(一、二軍については)栗山(監督)に任せている。2人の出会いは運命だと思う。栗山に任せておけば必ず育ててくれる。必ず日本を代表する選手に育てます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る