19歳誕生日に初適時打 清宮育成計画を日ハム球団社長語る

公開日: 更新日:

「もっと打って気持ちよく迎えられればよかったですけど、そうもうまくいかない。来年の誕生日はもっと打っていたい」

 25日に19歳の誕生日を迎えた清宮幸太郎がこう言って決意を新たにした。

 報道陣からケーキを用意され、歌で祝福されると「ありがとうございます」と恐縮しきりだった清宮は、同日の西武戦でプロ初適時打を含む4打数2安打の活躍。マルチヒットも自身初とあって、記念日に花を添えた。

 その清宮の評判や育成について、球場を訪れていた竹田球団社長に話を聞くと、「(大谷)翔平もそうでしたが、清宮は素晴らしい人間性を持っている。誕生日の対応もしっかりやっていたことでしょう」と評価した上で、こう続けた。

「彼にはまず、当たり前のことを当たり前にできるようになってもらいたい。感謝するのはタダ、笑顔もタダです。約束を守る、整理整頓をする。そういうことが大事。技術はそれからでいい。(一、二軍については)栗山(監督)に任せている。2人の出会いは運命だと思う。栗山に任せておけば必ず育ててくれる。必ず日本を代表する選手に育てます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る