19歳誕生日に初適時打 清宮育成計画を日ハム球団社長語る

公開日: 更新日:

「もっと打って気持ちよく迎えられればよかったですけど、そうもうまくいかない。来年の誕生日はもっと打っていたい」

 25日に19歳の誕生日を迎えた清宮幸太郎がこう言って決意を新たにした。

 報道陣からケーキを用意され、歌で祝福されると「ありがとうございます」と恐縮しきりだった清宮は、同日の西武戦でプロ初適時打を含む4打数2安打の活躍。マルチヒットも自身初とあって、記念日に花を添えた。

 その清宮の評判や育成について、球場を訪れていた竹田球団社長に話を聞くと、「(大谷)翔平もそうでしたが、清宮は素晴らしい人間性を持っている。誕生日の対応もしっかりやっていたことでしょう」と評価した上で、こう続けた。

「彼にはまず、当たり前のことを当たり前にできるようになってもらいたい。感謝するのはタダ、笑顔もタダです。約束を守る、整理整頓をする。そういうことが大事。技術はそれからでいい。(一、二軍については)栗山(監督)に任せている。2人の出会いは運命だと思う。栗山に任せておけば必ず育ててくれる。必ず日本を代表する選手に育てます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る