日ハム清宮 打率1割5分でもフォームにメスが入らない理由

公開日: 更新日:

「不振で打撃にメス? 中堅方向に意識を持っていこうという話はしますが、そのためにこうやって肩を入れてという指導はしない。指導するのは簡単ですけどね」

 24日のロッテ戦で2打数無安打に終わり、打率.150に低迷する清宮幸太郎(19)について、首脳陣のひとりはこう言う。

「もっと下(半身)を使えるようになること」など、清宮の課題は把握しているものの、あえてメスは入れないのだ。

 日本ハムは育成において「自主性」を重視している。清宮の守備、走塁についてはキャンプから基本をたたき込んでいるが、あくまでプロとして最低限のもの。清宮に限らず、選手自身に課題を把握させ、それを克服させる。コーチは選手が助言を求めてきて、初めてアドバイスをするというスタンス。ただし、課題を克服するための「引き出し」は与えても、こうすべきという答えまでは教えない。清宮が試合後に打撃練習をしているのも、自主的な取り組みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る