• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮 打率1割5分でもフォームにメスが入らない理由

「不振で打撃にメス? 中堅方向に意識を持っていこうという話はしますが、そのためにこうやって肩を入れてという指導はしない。指導するのは簡単ですけどね」

 24日のロッテ戦で2打数無安打に終わり、打率.150に低迷する清宮幸太郎(19)について、首脳陣のひとりはこう言う。

「もっと下(半身)を使えるようになること」など、清宮の課題は把握しているものの、あえてメスは入れないのだ。

 日本ハムは育成において「自主性」を重視している。清宮の守備、走塁についてはキャンプから基本をたたき込んでいるが、あくまでプロとして最低限のもの。清宮に限らず、選手自身に課題を把握させ、それを克服させる。コーチは選手が助言を求めてきて、初めてアドバイスをするというスタンス。ただし、課題を克服するための「引き出し」は与えても、こうすべきという答えまでは教えない。清宮が試合後に打撃練習をしているのも、自主的な取り組みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る