日ハム清宮 打率1割5分でもフォームにメスが入らない理由

公開日:

「不振で打撃にメス? 中堅方向に意識を持っていこうという話はしますが、そのためにこうやって肩を入れてという指導はしない。指導するのは簡単ですけどね」

 24日のロッテ戦で2打数無安打に終わり、打率.150に低迷する清宮幸太郎(19)について、首脳陣のひとりはこう言う。

「もっと下(半身)を使えるようになること」など、清宮の課題は把握しているものの、あえてメスは入れないのだ。

 日本ハムは育成において「自主性」を重視している。清宮の守備、走塁についてはキャンプから基本をたたき込んでいるが、あくまでプロとして最低限のもの。清宮に限らず、選手自身に課題を把握させ、それを克服させる。コーチは選手が助言を求めてきて、初めてアドバイスをするというスタンス。ただし、課題を克服するための「引き出し」は与えても、こうすべきという答えまでは教えない。清宮が試合後に打撃練習をしているのも、自主的な取り組みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る