打率1割6分に低迷…日ハム清宮が直面するスタミナの壁

公開日:

「新人だからいろんな課題が出てくるのは当然ですが、中でも試合に出続ける体力を身につけることが大切になる」

 あるコーチが清宮幸太郎(18)について、こう指摘する。

 22日のロッテ戦は「8番・左翼」で2試合ぶりにスタメン出場し、3打数無安打に終わった。1点を追う七回2死一、三塁の好機で遊直に倒れて悔しさをあらわにし、「チャンスで一本と、それだけ思っていったのですが、ちゃんと明日は打てればと思います」と反省した。

 打率は・164まで落ち込むなど、プロの壁にブチ当たっている清宮。試合前には栗山監督が20日の楽天戦のスタメンを外れたことについて、「疲れもあるだろうし、早めに休ませなきゃと思っていた。一番ダメなのはケガ」と言及。さらにプランとして浮上していた二軍との親子ゲームも、23日については見送られることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る