打率1割6分に低迷…日ハム清宮が直面するスタミナの壁

公開日: 更新日:

「新人だからいろんな課題が出てくるのは当然ですが、中でも試合に出続ける体力を身につけることが大切になる」

 あるコーチが清宮幸太郎(18)について、こう指摘する。

 22日のロッテ戦は「8番・左翼」で2試合ぶりにスタメン出場し、3打数無安打に終わった。1点を追う七回2死一、三塁の好機で遊直に倒れて悔しさをあらわにし、「チャンスで一本と、それだけ思っていったのですが、ちゃんと明日は打てればと思います」と反省した。

 打率は・164まで落ち込むなど、プロの壁にブチ当たっている清宮。試合前には栗山監督が20日の楽天戦のスタメンを外れたことについて、「疲れもあるだろうし、早めに休ませなきゃと思っていた。一番ダメなのはケガ」と言及。さらにプランとして浮上していた二軍との親子ゲームも、23日については見送られることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る