日ハム清宮の傾向と対策 ライバル球団が温める“攻略メモ”

公開日: 更新日:

「本塁打はドンピシャのタイミングで、完璧な当たりだったと思います」

 清宮幸太郎(18)が9日のオリックス戦で放ったプロ初本塁打について、ロッテの高木スコアラーはつい先日、こう評していた。

「角度をつけて打っていた。打球が上がる角度を身に付けているのでしょう。高校で100本以上の本塁打を打ったように、素質は高い。連続試合安打をマークしたのは、ミスショットでファウルにならず、しっかり仕留められていたから。左投手も苦にしなさそうな印象もあります」

 一軍デビューからコツコツと安打を稼ぎ、一発も打った。6番・左翼でスタメン出場した11日のソフトバンク戦は、多彩な変化球を操る東浜にキリキリ舞いさせられたが、9試合36打席に立った今、徐々に打者としての傾向が出始めているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    “泣き虫少女”の大坂なおみを変えた 恋人と敏腕マネの存在

もっと見る