「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

公開日: 更新日:

 予想より厳しいものになりそうだ。

 日大は25日、アメリカンフットボール部選手の悪質な反則を犯した問題を受け、大塚吉兵衛学長(73)が都内で会見。負傷した関学大の選手、保護者、関係者に謝罪したほか、一連の対応の遅れなどについても反省の弁を語った。

 前日には関東学生アメフト1部チームの緊急監督会が行われ、日大の指導態勢が改善されなければ秋のリーグ戦での対戦を拒否する方針を示した。関東学生アメリカンフットボール連盟は来週前半にも臨時理事会を開き、日大の処分などを判断するという。

 日大にとって気になるのはその内容だろう。ある大学アメフト関係者がいう。

「今季リーグ戦(9~12月)にはまず出場できないでしょう。つまり、甲子園ボウルへの挑戦権を失う。24日の監督会では一部の監督から『除名にしろ』という厳しい声も出た。これだけ世間を騒がせ、アメフトのイメージダウンを招いた罪は重い。当初は(1部上位の)トップ8から(その下の)BIG8への降格という決着が落としどころになると思われたが、日大の実力なら1年で復帰できる。それでは他校も納得しない。BIG8のさらに下の2部リーグ以下へ落ちるのが濃厚です」

 今回の殺人タックル事件が、内田前監督、井上前コーチの指示で行われたものなら、今季のリーグ戦に出られず降格処分となる日大のアメフト部員は、あまりに気の毒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る