「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

公開日: 更新日:

 予想より厳しいものになりそうだ。

 日大は25日、アメリカンフットボール部選手の悪質な反則を犯した問題を受け、大塚吉兵衛学長(73)が都内で会見。負傷した関学大の選手、保護者、関係者に謝罪したほか、一連の対応の遅れなどについても反省の弁を語った。

 前日には関東学生アメフト1部チームの緊急監督会が行われ、日大の指導態勢が改善されなければ秋のリーグ戦での対戦を拒否する方針を示した。関東学生アメリカンフットボール連盟は来週前半にも臨時理事会を開き、日大の処分などを判断するという。

 日大にとって気になるのはその内容だろう。ある大学アメフト関係者がいう。

「今季リーグ戦(9~12月)にはまず出場できないでしょう。つまり、甲子園ボウルへの挑戦権を失う。24日の監督会では一部の監督から『除名にしろ』という厳しい声も出た。これだけ世間を騒がせ、アメフトのイメージダウンを招いた罪は重い。当初は(1部上位の)トップ8から(その下の)BIG8への降格という決着が落としどころになると思われたが、日大の実力なら1年で復帰できる。それでは他校も納得しない。BIG8のさらに下の2部リーグ以下へ落ちるのが濃厚です」

 今回の殺人タックル事件が、内田前監督、井上前コーチの指示で行われたものなら、今季のリーグ戦に出られず降格処分となる日大のアメフト部員は、あまりに気の毒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  7. 7

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る