悠々自適の雲隠れ 日大・内田前監督に高級ホテル“潜伏”情報

公開日: 更新日:

 都内の病院に入院しているといいながら、実は高級ホテルに連泊していたとすれば、体調不良を理由に病院に逃げ込む悪徳政治家も顔負け。28日午後、真偽を確かめるため日大広報部に電話をかけたが、まったくつながらなかった。

 そもそも今回の事件は、日大が初期対応を誤ったことが問題を大きくした。その最たるものが、内田前監督の遅すぎた「登場」だろう。

 関学大との定期戦で、日大の宮川選手が悪質なタックルで相手選手を負傷させたのが今月6日。内田前監督が公の場に姿を見せたのはそれから13日後の19日。殺人タックルの衝撃映像がテレビで何度も流され、林文科相が「(あの反則は)看過できない非常に危険な行為」と述べ、対応を示した翌日のことだった。その日、内田前監督は関学大を訪れ、鳥内監督らに謝罪し、大阪・伊丹空港で「一連の問題は全て私の責任」と辞任を表明したが、アメフト部の責任者がここまで姿を見せなかったことに苛立つ報道陣も少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  4. 4

    TBSの鬼門「ラヴィット!」死に体で安住アナにかかる重圧

  5. 5

    妊婦なのに…溺れかけの子供3人を助けた米国女性が大絶賛

  6. 6

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  7. 7

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  8. 8

    09年ドラフトで荻野貴司を1位指名した舞台裏と圧倒的武器

  9. 9

    「めざまし8」絶賛されたり炎上したり 谷原章介は大丈夫?

  10. 10

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

もっと見る