告訴状受理 警視庁の標的は日大アメフト部の“日常的暴力”

公開日: 更新日:

「今回のように実行した者を除く告訴状の受理は、まれなケースであると思われます」

 日大アメフト部員の悪質タックル問題で、被害者の父親が、内田正人前監督と井上奨前コーチの2人について傷害容疑の告訴状を警視庁調布署に提出。受理されたことを受けて、1日にフェイスブックにこう投稿した。

 関東学生アメフト連盟はくだんのタックルを、内田前監督と井上前コーチの指示と認定。2人を罰則規定で最も重い永久追放に相当する除名処分にした。タックルを浴びせた本人以上に、指示した首脳陣の責任は重いという判断だ。被害者の父親もそう受け止めているからこそ、あえてタックルした選手を外して告訴したのだ。

 すでに提出されている被害届が被害事実の申告なのに対し、刑事告訴は処罰まで求める手続き。それが受理されたのは、捜査義務が生じることを意味する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  6. 6

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  7. 7

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  8. 8

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  9. 9

    「ドラゴン桜2」ヤンキー“西西コンビ”が東大専科より人気

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る