体調不良で米国帰国中…燕助っ人アルメンゴが“リア充”投稿

公開日: 更新日:

 最下位に腰を落ち着かせていたリーグ戦の低迷がウソのようだ。ヤクルトが昨7日のソフトバンク戦で延長戦の末にサヨナラ勝ち。交流戦首位の座をキープした。

 躍進に一役買っているのが助っ人勢。この日は先発のブキャナンが7回1失点の好投。リリーフのカラシティーも1回無失点と役目を果たし、主砲のバレンティンは土壇場の九回に15号同点本塁打をバックスクリーンへ叩き込んだ。だが……。

「先日、アルメンゴが球団から厳重注意を受けました」(球団関係者)

 昨季まで中日に在籍していたジョーダン・アルメンゴ(31)のことだ。2年間で12勝の実績を買われ、左腕不足解消の切り札として獲得。中日時代の約2・5倍となる年俸7480万円の“大枚”をはたいたものの、春季キャンプでコンディション不良を訴えて二軍落ちすると、二軍での登板もないまま、4月末には検査を理由に米国へ帰国してしまった。再来日は未定のままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る