体調不良で米国帰国中…燕助っ人アルメンゴが“リア充”投稿

公開日: 更新日:

 最下位に腰を落ち着かせていたリーグ戦の低迷がウソのようだ。ヤクルトが昨7日のソフトバンク戦で延長戦の末にサヨナラ勝ち。交流戦首位の座をキープした。

 躍進に一役買っているのが助っ人勢。この日は先発のブキャナンが7回1失点の好投。リリーフのカラシティーも1回無失点と役目を果たし、主砲のバレンティンは土壇場の九回に15号同点本塁打をバックスクリーンへ叩き込んだ。だが……。

「先日、アルメンゴが球団から厳重注意を受けました」(球団関係者)

 昨季まで中日に在籍していたジョーダン・アルメンゴ(31)のことだ。2年間で12勝の実績を買われ、左腕不足解消の切り札として獲得。中日時代の約2・5倍となる年俸7480万円の“大枚”をはたいたものの、春季キャンプでコンディション不良を訴えて二軍落ちすると、二軍での登板もないまま、4月末には検査を理由に米国へ帰国してしまった。再来日は未定のままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る