4タコも貢献度大 ヤクルト青木「いるだけでいい」の価値

公開日: 更新日:

 昨年の96敗がウソのようだ。ヤクルトが8日の試合にも勝って巨人に3連勝。6勝3敗で広島と並び首位に立った。

 まだ開幕9試合とはいえ、56得点はリーグトップ、9盗塁は同2位。巨人戦のこの2試合は追いつかれての再逆転勝ちという執念を見せている。

 その立役者のひとりが今季から古巣に復帰した青木宣親(36)だ。この日は4打数無安打。それでも、ベンチでは積極的に声を出し、凡退した後はベンチ裏でバットを振り続けていた。杉村巡回コーチが言う。

「いつも自分から声を出しているし、円陣も組んで士気を高めてくれている。自分が打てなくて悔しくても、ぐっと抑えているのが分かる。今日は納得いかない部分があったのか、裏でバットを振っていたね。昔から練習熱心だったけど、今も本当によく練習する。反省と準備ができる選手だから、若い選手のお手本になってありがたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  4. 4

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  5. 5

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  8. 8

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

もっと見る