4タコも貢献度大 ヤクルト青木「いるだけでいい」の価値

公開日:

 昨年の96敗がウソのようだ。ヤクルトが8日の試合にも勝って巨人に3連勝。6勝3敗で広島と並び首位に立った。

 まだ開幕9試合とはいえ、56得点はリーグトップ、9盗塁は同2位。巨人戦のこの2試合は追いつかれての再逆転勝ちという執念を見せている。

 その立役者のひとりが今季から古巣に復帰した青木宣親(36)だ。この日は4打数無安打。それでも、ベンチでは積極的に声を出し、凡退した後はベンチ裏でバットを振り続けていた。杉村巡回コーチが言う。

「いつも自分から声を出しているし、円陣も組んで士気を高めてくれている。自分が打てなくて悔しくても、ぐっと抑えているのが分かる。今日は納得いかない部分があったのか、裏でバットを振っていたね。昔から練習熱心だったけど、今も本当によく練習する。反省と準備ができる選手だから、若い選手のお手本になってありがたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る