4タコも貢献度大 ヤクルト青木「いるだけでいい」の価値

公開日: 更新日:

 昨年の96敗がウソのようだ。ヤクルトが8日の試合にも勝って巨人に3連勝。6勝3敗で広島と並び首位に立った。

 まだ開幕9試合とはいえ、56得点はリーグトップ、9盗塁は同2位。巨人戦のこの2試合は追いつかれての再逆転勝ちという執念を見せている。

 その立役者のひとりが今季から古巣に復帰した青木宣親(36)だ。この日は4打数無安打。それでも、ベンチでは積極的に声を出し、凡退した後はベンチ裏でバットを振り続けていた。杉村巡回コーチが言う。

「いつも自分から声を出しているし、円陣も組んで士気を高めてくれている。自分が打てなくて悔しくても、ぐっと抑えているのが分かる。今日は納得いかない部分があったのか、裏でバットを振っていたね。昔から練習熱心だったけど、今も本当によく練習する。反省と準備ができる選手だから、若い選手のお手本になってありがたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る