4タコも貢献度大 ヤクルト青木「いるだけでいい」の価値

公開日:

 昨年の96敗がウソのようだ。ヤクルトが8日の試合にも勝って巨人に3連勝。6勝3敗で広島と並び首位に立った。

 まだ開幕9試合とはいえ、56得点はリーグトップ、9盗塁は同2位。巨人戦のこの2試合は追いつかれての再逆転勝ちという執念を見せている。

 その立役者のひとりが今季から古巣に復帰した青木宣親(36)だ。この日は4打数無安打。それでも、ベンチでは積極的に声を出し、凡退した後はベンチ裏でバットを振り続けていた。杉村巡回コーチが言う。

「いつも自分から声を出しているし、円陣も組んで士気を高めてくれている。自分が打てなくて悔しくても、ぐっと抑えているのが分かる。今日は納得いかない部分があったのか、裏でバットを振っていたね。昔から練習熱心だったけど、今も本当によく練習する。反省と準備ができる選手だから、若い選手のお手本になってありがたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る