ヤクルト打撃Cも認める バレンティンの“ゴマすり”処世術

公開日: 更新日:

 今年は違う、らしい。

 5日、広島戦に「3番・左翼」で出場したヤクルトのバレンティン(33)。七回1死二塁で菊池の左前打を処理すると、本塁へレーザービーム返球。二塁走者の田中を刺した。

 この場面を「ヒサシブリネー」と笑顔で振り返ったバレンティンは「(春季)キャンプからボールに対して素早くチャージする練習を続けてきた。ゴロに対する対応は河田(外野守備走塁)コーチから言われてきたので良かった」と話した。

 来日8年目の助っ人はこれまで、練習嫌いのマイペースキャラで有名だった。緩慢な守備は数知れず。青木宣親(36)の復帰が決定した際は、「楽そう」と一塁手へのコンバートを直訴したほど。打つことだけに意識が向いていたような男が好守備を見せ、キャンプからの練習の成果だとアピールしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    甲子園目指す強豪校選手が“代替大会”に乗り気ではない理由

もっと見る