ヤクルト打撃Cも認める バレンティンの“ゴマすり”処世術

公開日: 更新日:

 今年は違う、らしい。

 5日、広島戦に「3番・左翼」で出場したヤクルトのバレンティン(33)。七回1死二塁で菊池の左前打を処理すると、本塁へレーザービーム返球。二塁走者の田中を刺した。

 この場面を「ヒサシブリネー」と笑顔で振り返ったバレンティンは「(春季)キャンプからボールに対して素早くチャージする練習を続けてきた。ゴロに対する対応は河田(外野守備走塁)コーチから言われてきたので良かった」と話した。

 来日8年目の助っ人はこれまで、練習嫌いのマイペースキャラで有名だった。緩慢な守備は数知れず。青木宣親(36)の復帰が決定した際は、「楽そう」と一塁手へのコンバートを直訴したほど。打つことだけに意識が向いていたような男が好守備を見せ、キャンプからの練習の成果だとアピールしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

  10. 10

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

もっと見る