ゲレーロとは大違い 燕入りアルメンゴはお買い得な優等生

公開日:  更新日:

 ヤクルトが15日、前中日のアルメンゴ(31)の獲得を発表した。来日2年目の左腕投手。今季は18試合に登板して6勝4敗、防御率2.30とそれなりに働いた。

 ん、アルメンゴ? と首をかしげるファンがいるかもしれないが、中日での登録名はジョーダン。ヤクルトでは母方の姓である「アルメンゴ」でプレーすることになったからピンとこないものの、「先発も中継ぎも両方できる。複数の役割を担えるのは助かる」と奥村国際担当部長が言うように、使い勝手の良さとMAX150キロの球威には定評があった。

「来日1年目の16年は22試合に登板して6勝6敗で防御率4.24。制球が甘く、121イニングで12発を浴びるなど被本塁打率も高かった。2年目の今季は、防御率が大幅に改善され、打たれた本塁打も74イニング3分の1で2本。日本の野球に順応した証拠で、この手のタイプは3年目に飛躍が期待できる。日本人若手選手を積極的に食事に誘うなど、性格面もいいと聞いていますから、ヤクルトはいい買い物をしたかもしれません」(他球団スコアラー)

 1年契約で年俸は7300万円。同僚だったゲレーロは同じ日、巨人と2年8億円で合意した。こちらは、性格的にも技術的にもさまざまな問題が指摘されているから、来年のシーズンが終わってみれば、得したのはヤクルトということになっているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る