ゲレーロとは大違い 燕入りアルメンゴはお買い得な優等生

公開日:  更新日:

 ヤクルトが15日、前中日のアルメンゴ(31)の獲得を発表した。来日2年目の左腕投手。今季は18試合に登板して6勝4敗、防御率2.30とそれなりに働いた。

 ん、アルメンゴ? と首をかしげるファンがいるかもしれないが、中日での登録名はジョーダン。ヤクルトでは母方の姓である「アルメンゴ」でプレーすることになったからピンとこないものの、「先発も中継ぎも両方できる。複数の役割を担えるのは助かる」と奥村国際担当部長が言うように、使い勝手の良さとMAX150キロの球威には定評があった。

「来日1年目の16年は22試合に登板して6勝6敗で防御率4.24。制球が甘く、121イニングで12発を浴びるなど被本塁打率も高かった。2年目の今季は、防御率が大幅に改善され、打たれた本塁打も74イニング3分の1で2本。日本の野球に順応した証拠で、この手のタイプは3年目に飛躍が期待できる。日本人若手選手を積極的に食事に誘うなど、性格面もいいと聞いていますから、ヤクルトはいい買い物をしたかもしれません」(他球団スコアラー)

 1年契約で年俸は7300万円。同僚だったゲレーロは同じ日、巨人と2年8億円で合意した。こちらは、性格的にも技術的にもさまざまな問題が指摘されているから、来年のシーズンが終わってみれば、得したのはヤクルトということになっているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る