地力の差まざまざ 広島がヤクルト3タテし5連勝「貯金6」

公開日: 更新日:

「最高に気持ち良かった。みんなの勝利です」

 広島の下水流昂(29)が喜びを爆発させた。19日のヤクルト戦、延長十二回にプロ初のサヨナラ安打。広島はベンチ入り選手を総動員してヤクルトを3タテし、5連勝とした。

 地力の差を見せつけた。広島は四回までに0―4とリードされるも、六回に松山、バティスタの連続適時打で1点差とし、土壇場の九回2死から菊池の適時打で同点に追いついた。十二回に中継ぎエースの今村が登板。一方のヤクルトがその裏に起用したのは負け試合の救援投手である風張だった。

 広島は18試合を終えて12勝6敗の貯金6。主砲の鈴木は故障でわずか3試合の出場、チームの精神的支柱である新井も同じくケガで二軍調整中でもこの位置にいる。今季もよほどのことがない限り、大コケはないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  6. 6

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  7. 7

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

  8. 8

    まだまだ売り切れ マスクを店頭で確実にゲットする方法は

  9. 9

    東出昌大の“棒読み”も凌駕する 三島映画の白熱議論シーン

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る