二軍落ち日ハム清宮に栗山監督が与えた“一軍復帰”への宿題

公開日:  更新日:

「交流戦前なので、あるかなと思っていた。妥当なことだと思うので、本当にしっかりファームで力をつけてくるしかない」

 27日、二軍降格が決まった清宮幸太郎(19)がこう言った。

 5月2日に一軍昇格するとプロ初本塁打を放ち、デビューからの7試合連続安打で新記録を作ったが、打率・179と一軍の高いカベを突き崩せなかった。清宮は、「真っすぐに振り負けている。打ったと思っても、ファウルになったりした。自分の中では悪くはないが、なかなか結果が出なかった。タイミングやスイングの速さだったり、しっかり振り負けないようにして、戻ってきたい」と前を向いた。

 29日から交流戦が開幕するタイミングでの降格。セの主催試合では指名打者が使えず、必然的に出場機会は減る。栗山監督は「学んだことを一回整理できる状況をつくってあげたいと思っていた」と説明。今後の一軍再昇格については、「すぐに上がってくるのを待っている。ただこの試合に出るというのではなく、早くチームを勝たせる選手にさせるということしか考えてない」とした。これまでは結果にかかわらず起用されてきた側面もあったが、一軍で再び試合に出るためには、チームの勝利に貢献するための結果を求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る