二軍落ち日ハム清宮に栗山監督が与えた“一軍復帰”への宿題

公開日: 更新日:

「交流戦前なので、あるかなと思っていた。妥当なことだと思うので、本当にしっかりファームで力をつけてくるしかない」

 27日、二軍降格が決まった清宮幸太郎(19)がこう言った。

 5月2日に一軍昇格するとプロ初本塁打を放ち、デビューからの7試合連続安打で新記録を作ったが、打率・179と一軍の高いカベを突き崩せなかった。清宮は、「真っすぐに振り負けている。打ったと思っても、ファウルになったりした。自分の中では悪くはないが、なかなか結果が出なかった。タイミングやスイングの速さだったり、しっかり振り負けないようにして、戻ってきたい」と前を向いた。

 29日から交流戦が開幕するタイミングでの降格。セの主催試合では指名打者が使えず、必然的に出場機会は減る。栗山監督は「学んだことを一回整理できる状況をつくってあげたいと思っていた」と説明。今後の一軍再昇格については、「すぐに上がってくるのを待っている。ただこの試合に出るというのではなく、早くチームを勝たせる選手にさせるということしか考えてない」とした。これまでは結果にかかわらず起用されてきた側面もあったが、一軍で再び試合に出るためには、チームの勝利に貢献するための結果を求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る