二軍落ち日ハム清宮に栗山監督が与えた“一軍復帰”への宿題

公開日:  更新日:

「交流戦前なので、あるかなと思っていた。妥当なことだと思うので、本当にしっかりファームで力をつけてくるしかない」

 27日、二軍降格が決まった清宮幸太郎(19)がこう言った。

 5月2日に一軍昇格するとプロ初本塁打を放ち、デビューからの7試合連続安打で新記録を作ったが、打率・179と一軍の高いカベを突き崩せなかった。清宮は、「真っすぐに振り負けている。打ったと思っても、ファウルになったりした。自分の中では悪くはないが、なかなか結果が出なかった。タイミングやスイングの速さだったり、しっかり振り負けないようにして、戻ってきたい」と前を向いた。

 29日から交流戦が開幕するタイミングでの降格。セの主催試合では指名打者が使えず、必然的に出場機会は減る。栗山監督は「学んだことを一回整理できる状況をつくってあげたいと思っていた」と説明。今後の一軍再昇格については、「すぐに上がってくるのを待っている。ただこの試合に出るというのではなく、早くチームを勝たせる選手にさせるということしか考えてない」とした。これまでは結果にかかわらず起用されてきた側面もあったが、一軍で再び試合に出るためには、チームの勝利に貢献するための結果を求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る