巨人岡本が4番で初無安打 由伸監督は原前監督を反面教師に

公開日: 更新日:

「成否の鍵を握るのは、本人以上に由伸監督だと思いますね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言うのは「4番・岡本」のことである。巨人が連敗を3で止めた昨6日の楽天戦、4番に座って4試合目となった岡本和真(21)は抜擢後、初めて無安打に終わった。

「この先、岡本が調子を落とすこともあるでしょう。例えば、数試合無安打が続き、チームも負けが込む。そんなとき、ベンチはどうするか。それでも、岡本を4番で起用し続けるか。その対応によって、岡本が押しも押されもせぬ本物の主砲に育つか、待望の生え抜き4番構想が頓挫するのか、分岐点になる。一度、打線の中心に据えたからには本人のためにも巨人の将来のためにも動かすべきではない。安易に外せばせっかく伸びかけた成長の芽を摘むことになりかねない。由伸監督の覚悟と我慢が問われる。原前監督は4番を4番目の打者と考えるところがあった。4番を取っ換え引っ換えしたことが、阿部以降の4番を固定できなかった要因になりましたからね」(前出の高橋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る