巨人岡本が4番で初無安打 由伸監督は原前監督を反面教師に

公開日: 更新日:

「成否の鍵を握るのは、本人以上に由伸監督だと思いますね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言うのは「4番・岡本」のことである。巨人が連敗を3で止めた昨6日の楽天戦、4番に座って4試合目となった岡本和真(21)は抜擢後、初めて無安打に終わった。

「この先、岡本が調子を落とすこともあるでしょう。例えば、数試合無安打が続き、チームも負けが込む。そんなとき、ベンチはどうするか。それでも、岡本を4番で起用し続けるか。その対応によって、岡本が押しも押されもせぬ本物の主砲に育つか、待望の生え抜き4番構想が頓挫するのか、分岐点になる。一度、打線の中心に据えたからには本人のためにも巨人の将来のためにも動かすべきではない。安易に外せばせっかく伸びかけた成長の芽を摘むことになりかねない。由伸監督の覚悟と我慢が問われる。原前監督は4番を4番目の打者と考えるところがあった。4番を取っ換え引っ換えしたことが、阿部以降の4番を固定できなかった要因になりましたからね」(前出の高橋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る