巨人岡本が4番で初無安打 由伸監督は原前監督を反面教師に

公開日:

「成否の鍵を握るのは、本人以上に由伸監督だと思いますね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言うのは「4番・岡本」のことである。巨人が連敗を3で止めた昨6日の楽天戦、4番に座って4試合目となった岡本和真(21)は抜擢後、初めて無安打に終わった。

「この先、岡本が調子を落とすこともあるでしょう。例えば、数試合無安打が続き、チームも負けが込む。そんなとき、ベンチはどうするか。それでも、岡本を4番で起用し続けるか。その対応によって、岡本が押しも押されもせぬ本物の主砲に育つか、待望の生え抜き4番構想が頓挫するのか、分岐点になる。一度、打線の中心に据えたからには本人のためにも巨人の将来のためにも動かすべきではない。安易に外せばせっかく伸びかけた成長の芽を摘むことになりかねない。由伸監督の覚悟と我慢が問われる。原前監督は4番を4番目の打者と考えるところがあった。4番を取っ換え引っ換えしたことが、阿部以降の4番を固定できなかった要因になりましたからね」(前出の高橋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る