7回9K好投も初勝利逃す 巨人ドラ1鍬原に抑え転向プラン

公開日: 更新日:

 巨人のドラフト1位ルーキー鍬原拓也(22=中大)が昨7日の楽天戦で2度目の先発。三回に4番のウィーラーに逆転満塁本塁打を浴びるなど、7回100球を投げて5安打4失点。2戦目でのプロ初白星はお預けとなった(0勝1敗)。

 その一方で前回は5回で7、この日は7回で9奪三振と、2試合で「東都のドクターK」といわれた持ち味は発揮した。

 中大1年時から先発と救援でフル回転してきた。ある球団関係者は「三振が取れるので、先発だけではなく、リリーフの適性を見た上での外れ外れ1位指名でした」と明かす。

 鍬原は入団時に「先発の方がやりたい。三振は格好いいので奪三振王、沢村賞を取りたい」とキッパリ先発一本宣言しているが、起用法を決めるのは、あくまで由伸監督ら首脳陣である。

 指標は中大の先輩でもある沢村だ。同じドラ1で剛速球を武器に、1年目は174奪三振。巨人のドクターKだったが、先発として11勝11敗、10勝10敗、5勝10敗、5勝3敗で4年目を終えると、原前監督に「貯金をしていない」とリリーフ転向を命じられた。2016年にセーブ王。今季はセットアッパーとして勝利の方程式の一角を担っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る