7回9K好投も初勝利逃す 巨人ドラ1鍬原に抑え転向プラン

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位ルーキー鍬原拓也(22=中大)が昨7日の楽天戦で2度目の先発。三回に4番のウィーラーに逆転満塁本塁打を浴びるなど、7回100球を投げて5安打4失点。2戦目でのプロ初白星はお預けとなった(0勝1敗)。

 その一方で前回は5回で7、この日は7回で9奪三振と、2試合で「東都のドクターK」といわれた持ち味は発揮した。

 中大1年時から先発と救援でフル回転してきた。ある球団関係者は「三振が取れるので、先発だけではなく、リリーフの適性を見た上での外れ外れ1位指名でした」と明かす。

 鍬原は入団時に「先発の方がやりたい。三振は格好いいので奪三振王、沢村賞を取りたい」とキッパリ先発一本宣言しているが、起用法を決めるのは、あくまで由伸監督ら首脳陣である。

 指標は中大の先輩でもある沢村だ。同じドラ1で剛速球を武器に、1年目は174奪三振。巨人のドクターKだったが、先発として11勝11敗、10勝10敗、5勝10敗、5勝3敗で4年目を終えると、原前監督に「貯金をしていない」とリリーフ転向を命じられた。2016年にセーブ王。今季はセットアッパーとして勝利の方程式の一角を担っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る