7回9K好投も初勝利逃す 巨人ドラ1鍬原に抑え転向プラン

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位ルーキー鍬原拓也(22=中大)が昨7日の楽天戦で2度目の先発。三回に4番のウィーラーに逆転満塁本塁打を浴びるなど、7回100球を投げて5安打4失点。2戦目でのプロ初白星はお預けとなった(0勝1敗)。

 その一方で前回は5回で7、この日は7回で9奪三振と、2試合で「東都のドクターK」といわれた持ち味は発揮した。

 中大1年時から先発と救援でフル回転してきた。ある球団関係者は「三振が取れるので、先発だけではなく、リリーフの適性を見た上での外れ外れ1位指名でした」と明かす。

 鍬原は入団時に「先発の方がやりたい。三振は格好いいので奪三振王、沢村賞を取りたい」とキッパリ先発一本宣言しているが、起用法を決めるのは、あくまで由伸監督ら首脳陣である。

 指標は中大の先輩でもある沢村だ。同じドラ1で剛速球を武器に、1年目は174奪三振。巨人のドクターKだったが、先発として11勝11敗、10勝10敗、5勝10敗、5勝3敗で4年目を終えると、原前監督に「貯金をしていない」とリリーフ転向を命じられた。2016年にセーブ王。今季はセットアッパーとして勝利の方程式の一角を担っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  8. 8

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る