くすぶる香川待望論…それでも西野監督は“本田ありき”固執

公開日: 更新日:

 現地8日のスイス戦の翌9日は「練習オフ」。「酒に目のない西野監督が、大好きなワインを痛飲したいのでオフの予定を変更しなかった」という声もあるが、いずれにしてもオーストリア・インスブルック近郊の合宿地ゼーフェルトで10日に再開された練習で一番目立っていたのは、黒髪を金髪に染め上げて現れたDF長友だった。なかなか大胆不敵な変身ぶりだが、ネットには「染めて勝てるなら全員が染めればいい」「下品」といったネガティブな書き込みが目立っている。

 ともあれ――。日本代表は12日にパラグアイとのテストマッチ(日本時間午後10時5分キックオフ)をこなし、ロシア入りして19日の1次リーグ初戦コロンビア戦を迎える。しかし、先月30日のガーナ戦で試した3バック、スイス戦の4バックは機能せず、西野ジャパンは上がり目なしのドロ沼状態。そこで「香川待望論」である。某マスコミ関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る