スイスに0-2と完敗…西野ジャパン攻守ダメダメ戦術総破綻

公開日:

 スイスのFIFA(国際サッカー連盟)世界ランキングは6位。堂々のシングルである。現地8日(日本時間9日午前2時キックオフ)にスイス・ルガノで対戦した日本代表のランクは61位。格上相手との試合とはいえ、日本は攻撃、守備ともに収穫はなかった。

 スイス戦のポイントは「慣れた4バックが機能するか?」。4月7日にハリルホジッチ前監督が解任。後釜に座った西野監督は、5月の千葉合宿で3バックの練習に多くの時間を割き、30日のガーナ戦(横浜)も3バックを採用したが、見るべきところはゼロ。それだけにスイス戦の4バックと合わせ、攻撃を差配するトップ下に14年ブラジルW杯以来の起用となったMF本田圭佑が、どんなパフォーマンスを見せるのか? にも注目が集まった。しかし――。

「MF長谷部誠をリベロに置いた3バックが機能するだの、本田をトップ下に配した4バックの方が慣れているだの、結局は3でも4でもミスを連発し、ゴールの気配すらなかった。そもそも今の日本代表のレベルは“フォーメーション以前”の問題です。“かなり手を抜いて欧州の中堅国レベル”だったスイスを攻めあぐみ、0―2のスコア以上の実力差を見せつけられた。西野体制になって2カ月。何の展望も見いだせない状況です」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る