西野ジャパンでも主軸に 本田圭佑“王様復活”の危険な賭け

公開日:

 オーストリア西部チロル州の州都インスブルックといえば、中高年世代にとって「1964年と1976年に冬季五輪が行われた場所」というイメージが強い。郊外へ車で30分。標高1200メートルのゼーフェルトというリゾート地が、14日開幕のロシアW杯に出場する日本代表の直前合宿地だ。

 ハリルホジッチ前監督が4月7日に解任。ドタバタ劇の末に西野朗監督体制になり、5月21日からの千葉合宿を経て30日に壮行試合ガーナ戦が行われ、翌31日にW杯メンバー23人が発表された。

 そしてゼーフェルトに場所を移して練習を重ねていく中、西野ジャパンの代表の陣容が、いよいよハッキリしてきた。MF本田圭佑(31)を主軸に据えた「本田・王様復活ジャパン」である。

 千葉合宿で3バックの練習に着手した西野監督は、さっそくガーナ戦で3(DF)―4(MF)―2(シャドー)―1(トップ)を試し、本田を<右シャドー>で先発させた。しかし、攻守ともに機能したとはいえなかった。そもそも本田はJリーグ名古屋、オランダ、ロシア、そしてイタリアと主に4バックの布陣のチームでプレーしてきた。3バックの経験値が少なく、本田自身も3バックでの動きに戸惑いを感じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る