くすぶる香川待望論…それでも西野監督は“本田ありき”固執

公開日:

「5月の千葉合宿は精彩を欠いたが、スイス合宿からパフォーマンスが向上し、キレ味も戻ってきている。メディア対応もしっかりしているし、いつものうつむき加減のオドオドしたような雰囲気もない。チームメートの香川に対する評価は、明らかに上向いている」

 これには、スイス戦にトップ下で先発出場しながら、決定的な仕事がなにひとつできなかったMF本田が、チーム内で評価ガタ落ちだったことも無関係ではない。スイス戦の後に主将のMF長谷部が「(攻撃に)迫力、アイデア、精度を欠いて手詰まり感があった。これからは攻撃面を改善しないといけない」と悲壮感を漂わせていたが、チームの大黒柱のコメントだけに影響力は強い。

「でも、西野監督にその気はサラサラない」とは前出マスコミ関係者だ。

「指揮官は<まずは本田ありき>のチームづくりしか考えておらず、ガーナ戦の3バックでもスイス戦の4バックでも、攻撃のキープレーヤーに本田を据えた。西野監督というのは一度、こうと決めたら絶対に譲らないガンコ者。どんなに本田が調子を落とそうが、どれだけ香川が絶好調をアピールしようが、西野監督は本田を切ることはない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る