くすぶる香川待望論…それでも西野監督は“本田ありき”固執

公開日:

「5月の千葉合宿は精彩を欠いたが、スイス合宿からパフォーマンスが向上し、キレ味も戻ってきている。メディア対応もしっかりしているし、いつものうつむき加減のオドオドしたような雰囲気もない。チームメートの香川に対する評価は、明らかに上向いている」

 これには、スイス戦にトップ下で先発出場しながら、決定的な仕事がなにひとつできなかったMF本田が、チーム内で評価ガタ落ちだったことも無関係ではない。スイス戦の後に主将のMF長谷部が「(攻撃に)迫力、アイデア、精度を欠いて手詰まり感があった。これからは攻撃面を改善しないといけない」と悲壮感を漂わせていたが、チームの大黒柱のコメントだけに影響力は強い。

「でも、西野監督にその気はサラサラない」とは前出マスコミ関係者だ。

「指揮官は<まずは本田ありき>のチームづくりしか考えておらず、ガーナ戦の3バックでもスイス戦の4バックでも、攻撃のキープレーヤーに本田を据えた。西野監督というのは一度、こうと決めたら絶対に譲らないガンコ者。どんなに本田が調子を落とそうが、どれだけ香川が絶好調をアピールしようが、西野監督は本田を切ることはない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る