生島ヒロシには良い思い出 これがプロアマ戦のあるべき姿

公開日: 更新日:

「直接会って謝罪していた」――スポーツニッポン(12日付)がそう報じた。

 片山晋呉(45)が5月30日の「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦で、男性招待客を激怒させた一件。客はプレー途中で帰ってしまい、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長や選手会長の石川遼まで平謝り。外野からもバッシングされていた。

 何でも片山は1人で招待客の働いている会社まで足を運び、本人に謝ったという。JGTOは今月中に懲戒・制裁委員会を開き、処分するかを決める。

「スポンサーあってのゴルフトーナメント。プロアマ戦は大事な“接待”の場ですからねえ」(ゴルフライター)

 大会を盛り上げるために、ゴルフ好きの芸能人や文化人も呼ばれる。中でもよく見かけるのが石田純一や叶美香、歌手の河村隆一といった人たちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る