塩谷育代が古閑美保が 大山志保の41歳Vを「お手本」と絶賛

公開日: 更新日:

【ヨネックスレディス 最終日】

 首位発進の大山志保(41)が逃げ切り、2位に4打差をつける通算10アンダーの圧勝だった。首の痛みで昨年9月から公傷制度を適用して休み、先月のほけんの窓口レディースから8カ月ぶりにツアー復帰。そして4戦目での優勝(通算18勝目)だった。

「1%ぐらいしか可能性はないけど、今年優勝できたらいいなと思っていた。うそのよう」(大山)

 これまで何度もけがに泣かされてきた。2007年オフから左肘に痛みが出始め、左腕が腫れて顔を洗えず、腕を上げたまま食事をしたこともある。そして09年には手術も受けた。

 大山と日頃から連絡を取り合う塩谷育代プロがこう言う。

「背中も首も相当に悪いと聞いていたから、正直言って優勝できるとは思わなかった。彼女にはすごい、という言葉しか出てこない。大山さんは勝つことに純粋に前向きで、後ろを振り向かない。生まれ持った闘争心があり、体は故障を抱えていても、気持ちで乗り越える精神力がある。ケガをして、41歳になって、また優勝したことでまだやれるという自信になったと思います」

 テレビ解説の古閑美保は「ゴルフに対する思いが一番強い。若いプロには大山さんのプレーを1番からぜひ見てもらいたい」と力説したが、まさしく女子ツアーのお手本になるプロだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る