時松が辛うじて3勝目 プロの小粒化で縮まるアマとの実力差

公開日:  更新日:

【関西オープン】

 ツアー3勝目を挙げた時松隆光(24)が優勝会見で、「アマチュアの久保田君が先にポーンと(スコアを伸ばして)行ってしまったんで、気楽にというか、2位でいいやと気持ちをコントロールできた」と振り返った。

 学生には絶対に負けられないという闘志もなく、「(勝負を)仕掛けても自滅するし、技術もない。パーを積み重ねるプレースタイルをマイペースで」(時松)を貫いたら勝利が転がり込んできた。実際、最終日は71で回り、スコアを1つ伸ばしただけだ。

 同組の単独首位発進、久保田皓也(20=東北福祉大3年)は12番終了時点までトップの座をキープ。通算12アンダーとして、2位の時松に2打差をつけていた。しかし、13番で林に曲げるトラブルからダブルボギー。ティーショットが右OBとなった15番でもダブルボギーを叩くなど終盤に自滅してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る