• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

時松が辛うじて3勝目 プロの小粒化で縮まるアマとの実力差

【関西オープン】

 ツアー3勝目を挙げた時松隆光(24)が優勝会見で、「アマチュアの久保田君が先にポーンと(スコアを伸ばして)行ってしまったんで、気楽にというか、2位でいいやと気持ちをコントロールできた」と振り返った。

 学生には絶対に負けられないという闘志もなく、「(勝負を)仕掛けても自滅するし、技術もない。パーを積み重ねるプレースタイルをマイペースで」(時松)を貫いたら勝利が転がり込んできた。実際、最終日は71で回り、スコアを1つ伸ばしただけだ。

 同組の単独首位発進、久保田皓也(20=東北福祉大3年)は12番終了時点までトップの座をキープ。通算12アンダーとして、2位の時松に2打差をつけていた。しかし、13番で林に曲げるトラブルからダブルボギー。ティーショットが右OBとなった15番でもダブルボギーを叩くなど終盤に自滅してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る