時松が辛うじて3勝目 プロの小粒化で縮まるアマとの実力差

公開日: 更新日:

【関西オープン】

 ツアー3勝目を挙げた時松隆光(24)が優勝会見で、「アマチュアの久保田君が先にポーンと(スコアを伸ばして)行ってしまったんで、気楽にというか、2位でいいやと気持ちをコントロールできた」と振り返った。

 学生には絶対に負けられないという闘志もなく、「(勝負を)仕掛けても自滅するし、技術もない。パーを積み重ねるプレースタイルをマイペースで」(時松)を貫いたら勝利が転がり込んできた。実際、最終日は71で回り、スコアを1つ伸ばしただけだ。

 同組の単独首位発進、久保田皓也(20=東北福祉大3年)は12番終了時点までトップの座をキープ。通算12アンダーとして、2位の時松に2打差をつけていた。しかし、13番で林に曲げるトラブルからダブルボギー。ティーショットが右OBとなった15番でもダブルボギーを叩くなど終盤に自滅してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る